漫画「チェンソーマン」43話のネタバレと無料読み放題

チェンソーマン

漫画「チェンソーマン」43話のネタバレ

2019年10月21日(月)週刊少年ジャンプ47号 発売

43話のネタバレ

ポチタに「好きな人が二人も出来てしまった……」と報告するデンジ。

二人というのはマキマとレゼの事で、彼はどちらの女性を選ぶのかにとても悩まされる。

そのレゼは校舎内で出会った謎のモヒカン男に追いかけられて、学校の屋上へと逃げていた。

モヒカン男はそれを余裕たっぷりの様子でゆっくりと追い、レゼと屋上で二人きりに。

そして「お前はチェンソーマンを誘き出すためのエサであり、人質でもある」といったような事を喋り出した。

さらに「命は要らない。顔の皮と目玉だけあればいい」と言ってレゼにナイフを向けてくる!

それに怯えて強行するレゼ!……と思いきや、彼女は冷静にモヒカン男の腕をとってナイフを回避。

そのまま男の右腕をへし折り、トドメとばかりに首を絞めて男を抹殺した。

男を絞殺している間、ずっとロシア語で何かを喋っていたレゼ。

彼女は男が死んだのを確認すると、屋上の排水口に向かって話しかける。

振り止まない豪雨によってできた排水口の小さな渦巻――そこには「台風の悪魔」が。

レゼを「レゼ様」と呼んだ台風の悪魔は、今回の件にレゼを巻き込んでしまったペナルティとして、彼女に服従する事となった。

その後、デンジの所に戻ったレゼは、約束通りに彼とお祭りに出かける。

祭の出店を一通り楽しんだ二人は最後に、見晴らしのいい高台へ。

そこでレゼは再び「16歳の君が学校にも行かずにデビルハンターをやっているなんて、国がやる事としておかしい」と発言。

そしてデンジに、デビルハンターを辞めて一緒にどこかへ逃げないかと提案してくるのだった。

「チェンソーマン」43話の感想

「チェンソーマン」43話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
レゼも裏の顔があって、何かの悪魔と契約しているのかなと思っていたのですが、悪魔の力など使わずに素手で暴漢を抹殺してしまい驚きでした。マキマさんといい、とんでもなく強くて恐ろしい女性が出てくる漫画ですね。この人がもしも敵に回った時にデンジくんはちゃんと戦えるのか心配になってきました。

「チェンソーマン」43話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
レゼの正体は案の定、只者ではなかったようです。カラーページのレゼもラストのレゼも、とても可愛かったので、あまり悲しい結末にはならないでほしいものですね。しかし、台風の悪魔があまりにもあっさりと去って行ったのは意外でした。

「チェンソーマン」43話の考察

30代男性
レゼはここでモヒカン男にやられるか、逆に彼を返り討ちにするかで読者の予想が分かれていたところですけど、返り討ちにするパターンでしたね。あの卓越した格闘術と達者なロシア語からして、レゼはロシア語圏から来たスパイなのかもしれません。デンジがデビルハンターをやっている事に対する非難も世界に対してではなく、「この国」が非難対象になっていましたからね。日本に対してあまりいい印象を持っていないキャラクターのように思えました。そんなレゼの任務はそんな日本からデンジを連れ出して祖国に連れていく事……だったけれど、それも止めて二人でどこかへ逃避行したくなっている、というのが今の状態なんでしょうか? いずれにせよデンジが日本デビルハンター協会の管轄外へ行ってしまうのはマキマが許さないと思うので、このままだとレゼVSマキマという恐ろしい戦いが始まりそうですね。想像しただけでゾッとします。

漫画「チェンソーマン」43話を無料で読む方法

「チェンソーマン」43話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「チェンソーマン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「チェンソーマン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「チェンソーマン」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!