漫画「チェンソーマン」40話のネタバレと無料読み放題

チェンソーマン

漫画「チェンソーマン」40話のネタバレ

2019年9月30日(月)週刊少年ジャンプ44号 発売

40話のネタバレ

自分にもちゃんと心があると分かったデンジは得意げに街を歩いている。

後ろには地中に隠れているがバディのサメの魔人も一緒である。

途中デンジは募金をするとお返しに花を貰ったがデンジはその花を飲み込んでしまう。

デンジはサムライソードに心がないと言われたことで悩んでいた気持ちが、マキマの一言ですっきりしたことでやはりマキマのことが好きだと再確認し、絶対に他の人のことを好きにはならないと決意したのである。

突然雨が降って来た。

サメの魔人”ビーム”は雨に喜ぶが、デンジは急いで近くの電話ボックスに駆け込んだ。

するとすぐに1人の女性がデンジのいる電話ボックスに入って来た。

雨宿りのために入って来た女性はデンジの顔を見るや否や笑い始めた。

デンジの顔が死んだ飼い犬に似ていると言うのだ。

思い出したのか泣き始める女性に、デンジは先ほどのみ込んだ花を吐き出して差し出した。

ありがとうと言って顔を上げる女性は、雨が止むとお礼がしたいからとデンジをバイト先のカフェに招待した。

女性の名前は”レゼ”だという。

レゼはやたらデンジの体に触り、笑顔を向けてくる。

デンジはレゼが自分に向けてくる顔を見て、好きになられたと確信した。

デンジは自分のコトを好きになってくる人が好きだ。

マキマ以外好きにならないと誓ったデンジだか、このままではレゼのことを好きになってしまいそうだと、心の中でマキマに助けを求めた。

「チェンソーマン」40話の感想

「チェンソーマン」40話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
先週はデンジとマキマの恋愛展開だったのに、今回でまさか他の女の子が新たに登場してフラグを立てる(?)ことになるとは思わず驚きの展開でした。とはいえ、主人公が色恋沙汰にちょろすぎるという一点がここまでストーリーに絡み、面白くさせてくれるのも珍しいですね。

「チェンソーマン」40話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
雨の日、雨宿りをした電話ボックスで偶然出会ったデンジとレゼ。可愛い女性の新キャラ(レゼ)にとってもドキドキしました。
デンジが胃の中から吐き出した花を喜ぶなんて、良いコンビすぎます。
マキマさんと良い感じになっていましたが、このままレゼと平和で平凡な恋愛をして欲しいと思ってしまいました。

「チェンソーマン」40話の考察

30代女性
デンジが口の中から出した花にはしっかりよだれもついているのに、女の子はそれを受け取って確かに喜んでいました。ひょっとしなくてもこの女の子はただ者ではないでしょう。箸休め回のような先週から引き続いて今週のストーリーがあるので、これもただのラブコメ展開ではなく悪魔が関係してくる可能性を感じます。また、デンジを見て「死んだウチの犬に似ている」と言ったことから、ポチタの存在が連想されます。ポチタは第1話で契約を交わし、デンジの心臓となっています。したがって、女の子はデンジからポチタの存在を意識しているのかもしれません。もしそうならポチタと縁のある人間なのでしょうし、そう思うと服の大きな鈴のマークも意味深に感じられます。

漫画「チェンソーマン」40話を無料で読む方法

「チェンソーマン」40話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「チェンソーマン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「チェンソーマン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「チェンソーマン」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!