漫画「チェンソーマン」38話のネタバレと無料読み放題

チェンソーマン

漫画「チェンソーマン」38話のネタバレ

2019年9月14日(土)週刊少年ジャンプ42号 発売予定

38話のネタバレ

デンジの手によってサムライソードを捕獲することに成功していた。

一度は真っ二つにした体だったが、変身のきっかけとなる手の刀を抜くと元通りに復元されたのだった。

自分と同じような存在だということに改めてデンジは気づく。

本来は拘束したまま警察の迎えを待たなければいけないがデンジには納得できないことがあった。

姫野先輩を殺したことで美人が一人世界から減ってしまったのに、このまま警察に渡せば一生刑務所ぐらし、それではスッキリしないと言い始める。

そこで今から大会を開くと宣言する。

そこに合流したアキに一緒にやらないかと誘いをかける。

姫野を弾で撃った代償に、サムライソードのタマを撃つ。

交互にキンタマを蹴って行って警察が来る前に一番でかい悲鳴を出させた奴の勝ちという大会である。

自分たちの仕事は捕まえることであり、いたぶって憂さを晴らすことじゃないと呆れてため息をつく。

そんなことをしても姫野先輩は喜ばないと言うが、胸にしまった姫野からのメッセージ入りのタバコを一瞥すると自分も参加することに決めるのだった。

楽しそうにキンタマを蹴り上げる二人。

「天国まで聞こえるか?俺たちからアンタへの鎮魂曲だ」とサムライソードの悲鳴を空に響かせるのだった。

場面が変わってマキマが今回の顛末を上司に報告している。

沢渡アカネという元民間のデビルハンターが主犯であり、銃の悪魔と契約することで銃をヤクザに流し、その対価としてデンジの心臓を求めていた。

なぜデンジの心臓を欲しがったかはわからず、聞き出す前に蛇の悪魔を使って自殺をはかっていた。

今回で銃の悪魔の肉片を1.4キロ押収し、既にある5キロの肉片と合わせるとついに肉片が本体に向けて移動し始めたことが知らされる。

デンジは夢を見ていた。

いつも見るがいつも忘れる夢だった。

夢の中でポチタが扉の向こうから語りかけてくる。

絶対に開けてはいけないと扉の向こうから声がかけられる。

次の瞬間、悪夢にうなされるようにデンジは目を覚ましていた。

アキとパワーとともにどんちゃん騒ぎしたあとが見え、そのまま雑魚寝していた。

同じく目を覚ましたパワーに、今まであった頭の上のツノとは別に側頭部からも左右にツノが生えていた。

何故かはわからないがパワーには有り余るほどの力がみなぎっていたのだった。

「チェンソーマン」38話の感想

「チェンソーマン」38話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
鬼才といわれている作者の作品だけあって、少年誌でやっていいのかと不安になるくらいネタの発送が独特です。発想がぶっ飛んでいるだけでなく、話の今後の展開も気になるので、ジャンプの中では今一番楽しみにしている作品になります。

「チェンソーマン」38話の考察

30代男性
今回の42号のチェンソーマンはこの作者の特性みたいなものが出た回だったと思います。確かにこれからの話に影響が出てくるような伏線はありました。主人公の夢に開けたらいけないというドアが出てきたり、銃の悪魔の肉片が集まりこちらに向かっているとか。ですが今回で重要なのは、姫野先輩を殺した奴の玉を蹴り上げレクイエムとしたところですね。人間の綺麗なところにライトを当てるのではなく、彼らの世界観での復讐をコミカルに描くあのシーンこそがこの作者の魅力かなと思いました。決して綺麗ではなく、駒も一つ一つが大きく大味な作品に見えるこのチェンソーマンが彩りあるカラフルな作品に見えるのはここが重要なのかなと思いました。
人が怖がるものこそ強いその世界の中で主人公のチェンソーといえば誰でも思い浮かべる怪人がいますね。この金曜日の悪魔との関係がこれから出てきて沢山の命を奪ってきた銃とどうつながってくるのかと思うとこれからが楽しみな作品の一つですね。

漫画「チェンソーマン」38話を無料で読む方法

「チェンソーマン」38話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「チェンソーマン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「チェンソーマン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「チェンソーマン」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「チェンソーマン」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓