漫画「チェンソーマン」36話のネタバレと無料読み放題

チェンソーマン

漫画「チェンソーマン」36話のネタバレ

2019年9月2日(月)週刊少年ジャンプ40号 掲載

36話のネタバレ

エレベーターでゾンビたちのところへ向かうデンジとパワー。

ゾンビの腕を食べるパワー見て気色悪がるデンジに、パワーは肉は肉だと言って軽い喧嘩をしていつも通りの様子。

7階につくとそこはゾンビだらけだが、ゾンビたちは二人に気が付いていない様子。

「大きな声を出すなよ」

というデンジに、パワーは「わしの名はパワー!!」と大声で名乗りを上げる。

ゾンビたちになら勝てると勝負を挑んだパワーは、デンジに自分についてこいと指示する。

しかし、呆れ顔のデンジはそのままその場をパワーに任せ、エレベーターに乗って別の階へ。

パワーは自分を誇示する言葉を叫びながら次々とゾンビを倒していく。

そこに唸りをあげてひときわ大きなゾンビが現れる。

パワーはデンジがついてきていないことに気が付かないまま、デンジに向かって叫びながらゾンビに飛び掛かりゾンビの首を切り落とす。

「デンジ!見てろ!そして言い伝えろ!パワーが一番最強じゃ!」

一方エレベーターで別の階に移動中のデンジは、「ふあ…」とあくびをしたり顔をポリポリ掻いたりと緊張感がない様子。

しかし、エレベーターが到着する音とともに真剣な表情になり、胸のスターターグリップに手をかける。

エレベーターの扉が開くと、そこには黒コートの男と銃を構えた手下が待ち構えていた。
戦う気満々のデンジに対して、黒コートの男は「少し話さないか?」と持ち掛ける。

黒コートの男は、デンジに自分たちは怒りを収めたいだけだといい、仲間と自分の爺ちゃんを殺した償いをすれば投降すると提案した。

デンジはみんながゾンビになっていたから殺したと言ったが、黒コートの男は嘘をつくなと怒鳴り返す。

そして、仮に本当にゾンビだったとしても、元は人間であるそいつらを殺して心が痛まないのかとデンジに問いかけた。

表情一つ変えず、「全ッ然」と言い切るデンジ。

黒コートの男は、自分も心臓が刀の悪魔になっているがゾンビを殺した夜は眠れなくなると告げる。

なお顔色一つ変えないデンジに、黒コートの男は、「心がもう人じゃねんだよ」と言い放つ。

「少しでも人の良心が残っているのなら俺たちにおとなしく殺されねえか?」

と言う黒コートの男に「ヤだ」と答えたデンジ。

黒コートの男は手から刀を出し、デンジはスターターグリップを引き戦いが始まる。

頭からも日本刀を出した黒コートの男と、チェーンソーになったデンジは建物を壊して落下しながら激しく激突。

攻撃を防がれ、驚愕する黒コートの男に、デンジは「俺を斬り殺すんじゃねえのかよ!?」と挑発。

激しい戦いが幕を開けた。

「チェンソーマン」36話の感想

「チェンソーマン」36話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

「チェンソーマン」36話の考察

近日更新!

漫画「チェンソーマン」36話を無料で読む方法

「チェンソーマン」36話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「チェンソーマン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「チェンソーマン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「チェンソーマン」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!