ボーンコレクション「漫画コミック単行本1巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

ボーンコレクション

漫画「ボーンコレクション」1巻のネタバレ

コミック「ボーンコレクション」1巻(2020年8月4日発売予定)

ボーンコレクションの1巻には、1話(2020年4月27日 週刊少年ジャンプ21・22併合号 発売)〜7話(2020年6月15日 週刊少年ジャンプ28号 発売)が収録される見込み。

「ボーンコレクション」1話のネタバレ&感想・考察

2020年4月27日(月)週刊少年ジャンプ21・22併合号 発売

ボーンコレクション 第1話  死にたくない!

つづきはこちらから

1話のネタバレ

授業中にスマホのバイブ音が響く。怒る先生に妖怪討伐の任務が入ったと言うカザミ。陰陽師だから仕方ないと言われる。任務に行こうとするサガミは合コンはどうするのかと友達に言われ立ち止まる。それを見ていた女子からサイテーと言われ人民の安全が最優先だと態度を変え、有名になったら放っといても巨乳ちゃんから寄ってくると本音を漏らす。任務に向かう。妖怪に捕まっているサガミのもとへ天才高校生陰陽師りのが助けにくる。陰陽師になるには試陰陽師の才をもち試験を受けるか、五大名家に生まれることだった。サガミは父も兄も凄腕の陰陽師の名家に生まれるが全く才能を持っていなかった。りのは幼なじみで陰陽師の天才だった。そして天然でサガミにマウントをとっていた。そんな二人の前に祓う必要もないケモラが現れる。サガミはケモラを撫でながらりのに自分達の力を見せようと妖怪術を使おうとするも、りのに禁術を使うな蹴り飛ばされる。河原で一人落ち込むサガミの前に妖怪が出入りするゲートか現れ女の子が落ちてくる。息をしていることを確認したサガミはおぶって交番を探すのだった。その頃家ではサガミの帰りを心配する父がりのに電話をしていた。話を聞いたりのは慌ててサガミを探しに出る。サガミの背中で目を覚ます女の子。ここが日本だと知りパンケーキを食べたいとサガミに言う。パンケーキを食べながら女の子を観察するサガミ。そして外国の人だというサガミに妾が人に見えるのかと詰め寄る。そしてサガミのことをおもてない大臣に任命するのだった。二人で遊び回ったあとサガミになぜ助けたのかと尋ねる女の子。困っている人はほっとけないと言うサガミ。それを聞いた女の子は人だから助けたのか?妾が妖怪と言っても助けたか?と聞く。サガミは妖怪だとしても関係ないどうでもいい派だという。そんな二人の前にAランクの妖怪が現れる。女の子が捕まれる。しかし妖怪は全然握り潰せない女の子に驚く。そんな妖怪の頭にしがみつき女の子を助けようとするサガミ。しかし妖怪の攻撃を受けやられてしまう。その姿に妖怪はザコと馬鹿にする。昔ザコザコ言われて妖怪術を使い友達の妖怪かわのしんを殺されたことを思い出す。女の子がサガミを膝に寝かせ見下ろしている。サガミは女の子の胸を触ると力を借りるというと妖怪術妖力武器化といい武器を出す。そして妖怪を倒してしまうのだった。サガミは女の子に向かって無事で良かったと微笑む。女の子は自分はがしゃどくろだという。そしてパイラと呼ぶことを許される。サガミはFランク妖怪で妖怪術を使ったとき3ヶ月の禁固刑だったのに妖怪大王の一人で使ってしまったので死刑では?と焦る。そこへ何してるのとりのが現れるのだった。

1話の感想&考察(ネタバレ含む)

「ボーンコレクション」の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
1話読んだだけだと、読み切りのほうが完成度高かったな。骨によって能力が違うのとか、主人公が白羅さんにバンバンつっこんでいくのとか、好きだったのだけど、その辺2話以降にあるのかしら。


「ボーンコレクション」2話のネタバレ&感想・考察

2020年5月11日(月)週刊少年ジャンプ23号 発売

第2話  人になりたい

つづきはこちらから

2話のネタバレ

部屋で話すカザミとパイラ。大変になったとりのとのやり取りを思い出すカザミ。りのにその人誰と聞かれ戸惑っているカザミを無視して婚約者だと言うパイラ。体をいじくり倒しておいて責任をとらんと言うのかと言う言葉に固まるりの。カザミは自分のものだと連れて帰るパイラ。りのに嫌われたと泣くカザミを見て責任はとってもらう、妾が人間になるため力を貸してもらうと言うパイラ。その言葉を聞いて自分の知っているガシャドクロはこれだとスマホで絵を出すカザミ。それを見てそれは先代だとスマホを投げるパイラ。そして妖怪たちにバトルを挑まれる日々に嫌気がさし、人間になりたいと人間になる方法を試した事を話すパイラ。そして失敗だと服を脱ぎ超巨大な妖力が人間になるのを阻んでいると骨の浮き上がる体を見せる。そしてカザミがパイラの妖力を使って戦った時に自分の妖力を使い果たして人間になれると思ったと言う。しかしカザミは協力はできないと言う。パイラは自分が人間になったら嫁になってもいいと言い責任を取れと叫ぶ。その時父が部屋の扉を開け嘘だろと涙を流す。そしてカザミを挟み言い合いをする。家族会議が行われる。兄は迅内家の恥だと言いパイラを値踏みする。その時妖怪が出現しりのが捕縛されていると連絡が入り出動する兄。カザミは兄にムカつきながらもパイラにりのを助けたに行きたいと頼む。パイラは指を鳴らし一旦乗れんを呼び出しりのの元へ向かう。そしてりのを助けるためにとパイラの妖力で妖怪術を使い妖怪を倒す。兄に妖怪術を使ったことがばれてしまい告発すると言われるも、パイラが兄の服を破きスク水を着ている兄の姿を露にさせる。そしてどこに告発しようと言うパイラに土下座で見逃してくれと言う兄。翌日自宅ではパイラの肩を揉む兄の姿があるのだった。

2話の感想&考察(ネタバレ含む)

「ボーンコレクション」2話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
そこそこ面白いと思うな〜。展開によったら人気でそう。最近は主人公最強系か、弱くても近くにお助け強キャラがいる感じがある

「ボーンコレクション」2話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
2話で更にノってきたな。エリートの兄と落ちこぼれの弟という鉄板展開でギスギスするかと思いきや兄貴の女子スク水着用という性癖がバレてシリアス展開になりそう空気を一瞬で破壊!

「ボーンコレクション」2話の感想&考察(ネタバレ含む)3

20代女性
こういう路線なら全然嫌いじゃない。なにより白羅が可愛いのがデカい。 こういう左門くんとかみたいなギャグ7:バトル3みたいなジャンル、なんて言うのか分かんないけど気軽に読めてわりと好き。

「ボーンコレクション」3話のネタバレ&感想・考察

2020年5月18日(月)週刊少年ジャンプ24号 発売

第3話 マウント取りたい

つづきはこちらから

3話のネタバレ

四つん這いの兄の上にの乗りながらカザミを探すパイラ。その時学校へ行ってくるというカザミからの手紙を見つける。カザミは学校で合コンに誘われていた。断ろうとするもFカップにつられ行くと言った時浮気者とパイラが現れる。校長室で兄が校長にパイラの編入のお願いに来ていた。兄はパイラを自分の娘だと言い張るも校長は怪しいと断ろうとするが兄に懐から札束を見せられ編入を許可する。パイラの周りにクラスメイトが集まってくる。パイラが大妖怪とバレたらまずいと焦るサガミの元にりのが現れる。昨日一緒にいた子ですよね~?と詰め寄ってくる。そこにカザミはやらんとパイラがやって来てりのとパイラの言い合いが始まる。そして放課後パイラが迅内家の人間なら力を証明しろとりのと闘うとことに。1分前パイラとりのを闘わせるわけにはいかないと妖怪術でコントローラーを出しパイラのダミーを出してりのと闘わせることにしたカザミ。りのとダミーの闘いが始まる。りのが陰陽術で攻撃をしてくるもダミーが体術で反撃していると周りで見ていた生徒からカザミの姪の方がすごいんじゃね?という声が聞こえてくる。りのはマウントを取られると暴走してしまうとカザミがいった通り暴走を始める。カザミが止めにいこうとするがカザミの手でしか操作出来ないとコントローラーを持たせるパイラ。するとダミーの首が回転し後ろから攻撃を仕掛けていたりのと目が合う。りのは驚き気絶し事なきをえる。安心したのもつかの間、陰陽連本部ではカザミが妖怪術を使っているのではないかと疑いがかけられ妖怪術の使用が確認できたらカザミを殺すよう阿部秋冬に指示が出ていた。そんなときカザミにAランク妖怪討伐依頼がくる。同行者はりのと阿部だった。

3話の感想&考察(ネタバレ含む)

「ボーンコレクション」3話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
とにかく女の子がかわいい。3話にして魅力が爆発している。白羅さんもカワイイし、りのちゃんもカワイイ。他の要素はもう全部添え物ですよ。カワイイ子がかわいく動いて格ゲーバトルですよ。いいじゃん。

「ボーンコレクション」3話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
期待どおり3話目も面白かった、陰陽術+妖怪まではありそうだけど、そこにニンテンドースイッチを足してくるこの自由度はなんなんだ・・・?

「ボーンコレクション」4話のネタバレ&感想・考察

2020年5月25日(月)週刊少年ジャンプ25号 発売

第4話 死刑にしたい

つづきはこちらから

4話のネタバレ

カザミとりのはAランク妖怪討伐に向かっていた。山を歩く二人。りのに話しかけるも気まずい雰囲気が流れる。パイラがいないことを訪ねられ家に置いてきたと答えるカザミ。カザミはパイラは食べ物で釣って家に置いてきたと思っていたが隠れて着いてきていた。りのは妖怪術にカザミが手を出していないか心配していた。妖怪術を使うことにより人間界に妖怪が現れるようになったこと、そこで陰陽連が作られたこと、その中でも特に陰陽術に長けた4人が四天王と呼ばれ彼らを筆頭に妖怪から人間を守っていると説明される。そして妖怪術を使った者は皆に不幸を招くと言われる。りのはカザミがなぜ妖怪術を使うのかそしてなぜ陰陽師になったのかを尋ねる。俺はと答えかけたカザミはかわのしんの姿を思い出す。もう一人が遅いと言うカザミに今日は二人と答えるりの。しかしカザミが阿部と言う名前があると言うと阿部と驚くりの。そこへA級妖怪が現れ攻撃してくる。兄に持たされたお札で包泡を出しりのを助けるカザミ。しかしたくさんのA級に囲まれていた。そして包泡が割れてしまい逃げる二人。その様子を見ていたパイラは浮気だと叫んでいた。そこへ四天王の一人阿部が現れ久しぶりと言いパイラを捕まえる。カザミとりのはA級から逃げ延びていた。しかし何かの音に気づくカザミ。地面からA級妖怪が現れ怪我をしてしまう二人。地面を這ってりのの元へ行こうとするカザミはなぜ陰陽師になったのかというりのの質問を思い出していた。そこへパイラが転がってきた。カザミは妖力を貸してくれとパイラに言うがパイラは駄目だ今使ったらヤツに殺られると言う。しかしカザミは妖怪術を使って誰かを守る。そのために陰陽師になったんだと妖怪術を使う。木の上でそれを見ていた阿部は死刑確定と言うのだった。

4話の感想&考察(ネタバレ含む)

「ボーンコレクション」4話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
4話までコメディできたか。コミカルな雰囲気は結構好き。ただ本筋が始まらなさすぎとは感じる。

「ボーンコレクション」4話の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代男性
4話目も当然の様にぶっちぎりで面白かった。これまで面白かった全マンガの記憶をすべて上書きしていくレベル。久しぶりにジャンプの読者で良かったと思えるそんな瞬間。

「ボーンコレクション」5話のネタバレ&感想・考察

2020年6月1日(月)週刊少年ジャンプ26号 発売

第5話 死刑を逃れたい!

つづきはこちらから

5話のネタバレ

誰かを守るために陰陽師になったと覚悟を決めて禁術を使ったカザミ。白羅の骨を使ってりのの目の前で妖怪を対峙する。白羅は自分だけでも奴から逃れると言って走り出すが他の妖怪に捕まってしまう。苦戦するカザミだが、今度はりのがピンチに。そこに現れたガタイのいいおっさんは女の子のような口調で大技を出して妖怪をぶっ飛ばすのだった。おっさんは安部秋冬だとりのが叫び、あまりのスペックの高さに気絶してしまうのだった。白羅もまた、秋冬のことを以上に恐れていた。おっさんの姿が割れて、中から女の子が現れたのを見てカザミは驚愕する。15年来の仲だという秋冬と白羅。昔、ゲーセンにハマってよく出没して子供を泣かせていた白羅を秋冬は一蹴していたのだ。その後も現世に現れるたびに何度も秋冬にボコボコにされていた白羅。秋冬は式神を使って怪力なおっさんを作りだしていたのだ。秋冬を恐れる白羅を尻目に秋冬はカザミに警告する。カザミは妖力の容量がとても多いだと秋冬は言い、今は禁術を使ったカザミを殺さないと言うのだった。秋冬が指定した妖怪を倒して陰陽連を認めさせれば、今後も禁術を使っていいと言うのだ。そして秋冬はカザミに陰陽師として何をすべきが考えたほうがいいと告げる。倒してほしいという妖怪は酒呑童子、なんと白羅の友人だった。

5話の感想&考察(ネタバレ含む)

「ボーンコレクション」5話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代男性
ほぼ毎ページ爆笑させられた、面白すぎる

「ボーンコレクション」6話のネタバレ&感想・考察

2020年6月8日(月)週刊少年ジャンプ27号 発売

第6話 傷つけたくない

つづきはこちらから

6話のネタバレ

パイラは森の中で体操ご機嫌に歌っていたのであった。

それというのも、討伐の対象になっている相手がパイラの大親友の酒呑童子だったからだ。

酒呑童子の名前はべぇちゃんであった。

パイラは遠い昔にこの酒呑童子と妖怪と戦って疲れたときに酒を酌み交わした仲なのであった。

カザミ達もパイラに友達がいたのかとたいそう驚いていた。

ゆえに阿部秋冬には手を出さないように釘を刺すのであった。

そうこうしているうちに酒呑童子の妖力が検出された屋敷にたどり着いた。

その屋敷にたどり着く頃にはりのも目を覚ますのであった。

パイラは知り合いだからとたかをくくっていたのか油断して屋敷に向かって大声を上げた。

そうすると屋敷の中から鬼たちが這い上がってきた。

秋冬が指をかざすと、こどもたちはバリアのようなものに囲まれた。

秋冬は先行して屋敷の中に入ってみるのだと言う。

カザミとパイラで同調率を上げれば敵には勝てるだろうと言い残して。

2人はそこそこ強いがまだ同調率が1%にも達していないらしい。

パイラは酒呑童子には傷を付けないように釘を刺すのであった。

パイラはいつものように自分の体を晒して、自分の骨を使うように言う。

しかしカザミはこの戦いでは骨の力を使いたくないのだと言う。

6話の感想&考察(ネタバレ含む)

「ボーンコレクション」6話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「ボーンコレクション」7話のネタバレ&感想・考察

2020年6月15日(月)週刊少年ジャンプ28号 発売

第7話 

近日更新!

漫画「ボーンコレクション」を無料で読む方法

「ボーンコレクション」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ボーンコレクション」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ボーンコレクション」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(ジャンプの単行本は410円〜が多い!)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!