漫画「僕のヒーローアカデミア」236話のネタバレと無料読み放題

僕のヒーローアカデミア

漫画「僕のヒーローアカデミア」236話のネタバレ

2019年7月22日(月)発売 週刊少年ジャンプ34号掲載 236話

能力に目覚めた転弧は無意識のまま手のひらで触れたものを崩壊させる能力を発動し、飼い犬であるモンちゃんを崩壊させ殺害してしまう。

自分が何をしたのかわからず戸惑っているところに、姉が先程のことを謝ろうと近づいてくるが、血だらけになった犬を見て叫び声をあげ逃げ出そうとする。

その時はまだ自分の能力ではなく敵に攻撃されていると考えていた転弧はすがるように姉に手を伸ばすが、手に触れた姉もまた崩壊し殺害してしまう。

今まで家庭で受けていた小さな我慢の積み重ねですべてが嫌になっていた転弧は、ついには自らの能力を理解した上ですべてを拒絶し、祖父母を殺害。

さらには自分に手を伸ばした母をも拒絶し崩壊させてしまう。

そこに現れた父親を見て、一瞬は我にかえって謝罪するが、父は家族を殺したであろう転弧を拒絶し、庭にあった高枝切狭で殴りつけ「やめろ」と命令したのだった。

その命令によって今まで父親に対して押さえつけていた感情が爆発し、明確な殺意を持って襲いかかり、父もまた殺害した。

その時、途方もない快感が転弧の全身を貫き、体の痒みは収まった。

ずっとこうなることを望んでいたようだった。

志村転弧という人間は崩壊し、死柄木弔が生まれようとしていた。

「僕のヒーローアカデミア」236話の感想(ネタバレ含む)

30代男性
死柄木弔のあまりに救いのない過去の話ですが、それでもそこからどうするかは自分の意志。自らの能力ですべてを崩壊させることを選び、ヴィランとなってしまった以上そこに同情はなく倒すべきヴィランであると思います。きっかけとなった父親も悪人というわけではなく、自らの境遇に苦しんだ人間でした。その境遇を生み出した先々代であるワンフォーオールの意志が出てくることがあれば、後悔などが語られることになるのでしょうか。
20代男性
展開としては予想通りの王道展開。
けれどそれを読ませる圧倒的な画力と台詞回しの巧みさに、驚きを通り越して恐怖すら覚える回でした。
死柄木の昔の姿がデクに似ている、というのも、なんとなく運命的なものを感じて切ない。
総じて、何度も読み返したくなる回でした。
20代男性
能力のなかった主人公がある日身体強化の能力をもらいヒーローを目指す物語
主人公が成長していく姿ももちろん面白いが、
学校ということで行事などのイベントからクラスメイトや教師など数多くの魅力的なキャラクターが登場するのが面白い。

漫画「僕のヒーローアカデミア」236話を無料で読む方法

「僕のヒーローアカデミア」236話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「僕のヒーローアカデミア」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「僕のヒーローアカデミア」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「僕のヒーローアカデミア」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「僕のヒーローアカデミア」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓