僕のヒーローアカデミア「漫画コミック単行本27巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

僕のヒーローアカデミア

漫画「僕のヒーローアカデミア」27巻のネタバレ

コミック「僕のヒーローアカデミア」27巻(発売日 未定)

僕のヒーローアカデミアの27巻には、258話(2020年1月27日 週刊少年ジャンプ9号 発売)〜268話()が収録される見込み。

「僕のヒーローアカデミア」258話のネタバレ&感想・考察

2020年1月27日(月)週刊少年ジャンプ9号 発売

僕のヒーローアカデミア 258話

つづきはこちらから

258話のネタバレ

「街からヒーローが消えた」という三月から約二ヶ月前。

ホークスは、部隊編成された超常解放戦線の構成員全てを、一ヶ月掛けて把握していた。

各隊の隊長は主に元ヴィラン連合の面々が務めているが、それぞれを補佐する実力者上位3名は、1名を除き皆各地にある拠点を治めていたリーダーであり、実力は並のヒーローを軽く凌駕すると言う。

ホークスのスパイ活動は、幼少の頃から公安に公安に叩き込まれてきた交渉術の賜物だった。

その中で、超常解放戦線の構成員たちには現行制度への敵意や恨みがあることも見ていた。

具体的には、ヒーローの殲滅を図っているのだ。

主要都市を一斉に襲撃し、無法地帯としたところでリ・デストロと心求党党首が政界進出し、作り出した混沌の世の王となる。

つまり「AFOの再演」が狙いなのだと、ホークスは分析している。

ホークスは気の良いトゥワイスを利用して、懐に入り込み情報を得ていた。

気を許し、ホークスの偽りの言葉に共感を向けるトゥワイスに対し、ホークスは複雑な表情を浮かべていた。

そして3月。死柄木が強化中の京都の山へ、ヒーローたちが集結する。

インターンをしていた出久たち学生も、遠征として駆り出され、戦いの時がやってくるのだった…。

258話の感想(ネタバレ含む)

「僕のヒーローアカデミア」258話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
超常解放戦線の全構成員を把握できるホークスのスパイ能力には驚きですが、これだけ有能だとやはりサーのような結末を迎えてしまうのでは…という不安が渦巻いてなりません。彼も含めて全ヒーローが生還できる結末を期待するばかりです。

「僕のヒーローアカデミア」258話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代男性
スパイ疑惑のまだ晴れないホークスとうっかり何でも喋りそうなトゥワイスを二人きりにしたら情報漏れそうな事くらい戦線も分かると思います、トゥワイスに嘘教えてわざと漏洩させたように見えます、集結って意味だと思うけど留守を守る係も必要だと思います、殲滅ならもっと絶望的な表現になってるんじゃないだろうかと思います。

「僕のヒーローアカデミア」258話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代女性
この原作とアニメのファンで、毎週土曜日にテレビで見ています。先日も映画を見に行きました。以前から気になっていたので、見れた時はとても面白く、もっとこの作品を好きになりました。連載もアニメも、最終回まで見届けたいです。

258話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
ここでトゥワイスとホークスの関係が強調されたことで、戦いが始まってからこの2人の間に何かが起こるのでは?と考えられますね。「心にもないこと言いたくないなあ」というトゥワイスのセリフは、偽りの言葉ばかりのホークスの本心を代弁しているかのようで、立場はまったく異なりながらも2人が対比的に描かれているのは明らかです。ホークスのスパイ活動のおかげでヒーローは情報面ではかなり優位に立っている状況ですが、それを知った時トゥワイスは怒りとともに個性を爆発させてしまい、ホークスが警戒している通り、あるいはそれ以上の脅威となるのではないでしょうか。意外にもまるで奇妙な友情が芽生えつつあるような、2人の今後の動向に要注目です…!

「僕のヒーローアカデミア」259話のネタバレ&感想・考察

2020年2月3日(月)週刊少年ジャンプ10号 発売

僕のヒーローアカデミア 259話

つづきはこちらから

259話のネタバレ

死柄木たちに協力してきた「ドクター」の表の顔が明らかにされる。

彼の名は「志賀丸太」。

個性はなく、蛇腔総合病院創設者にして現理事長。

「個性に根ざした地域医療」を掲げ、慈善事業にも精を出していた。

全国各地に児童養護施設や介護施設を設け、個人病院との提携も行い、人々から敬意を持たれていたのだと言う。

警察が志賀をあぶり出した決め手は、病院内にある立ち入り禁止の空間の存在が、潜入調査により明らかになったこと。

霊安室からのみ通行可能で、志賀だけが出入りしているというその証拠写真には、小さい脳無が写り込んでいた。

これによって志賀の逮捕自体は可能だが、保須や神野の悲劇を繰り返さないため、「超常解放戦線」の一斉掃討を目指す警察は彼を泳がせていたのだ。

そして敵軍隊長共の集まる定例会議が開かれているこの日を狙い、大勢のヒーローたちが前線に派遣される…。

エンデヴァーは、志賀のことを突き止めた公安の人物がホークスであることを言われずともわかっていた。

彼のメッセージ通りに備えたエンデヴァーは、堂々とした出で立ちで先陣を切る。

病院内に突入し、エンデヴァーはまっすぐに志賀の元へ。

「観念しろ 悪魔の手先よ!」と炎を燃え滾らせるエンデヴァーに、志賀は驚愕の表情で怯えるのだった。

259話の感想(ネタバレ含む)

「僕のヒーローアカデミア」259話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
ボヤく上鳴くんと不安げなキノコちゃん可愛いなと思います。炎インターン組もお茶子梅雨も頼もしくギラギラしてるから新鮮です。デクたちがインターン、爆豪轟が補講に張り切ってたときも上鳴峰田はまだ学生らしくまったりしてたい感じでした。

「僕のヒーローアカデミア」259話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

40代男性
“長かった宝島編もイバラを石化して科学王国の勝利となりました。
最後に生き残った千空が島を散策する姿は、大樹が復活するまで一人での孤独の日々を思い出したか寂しそうな表情でしたが、石神村からの連絡は千空を元気づけたのではないでしょうか。”

「僕のヒーローアカデミア」259話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代女性
死柄木の改造完了まであと一ヶ月かかるのは確かなようで、ここでヒーロー側が先手を打てたということにホッとしました。エンデヴァーの姿が大変頼もしいですが、他のヒーローたちと協力して超常解放戦線を圧倒してほしいものですね!

「僕のヒーローアカデミア」259話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

20代男性
コマの中にチェンソーマンのデンジっぽいのがいた点がなんとなく嬉しくなりました。ホークスの今まで一人でやってきたことがヒーロー全体が動くためのきっかけとなり、名前は公には伏せられていたが、エンデヴァーは気づいていたのがよかった。

259話の考察(ネタバレ含む)

20代女性
市街地の守りも強化され、ヒーロー側の情報に関しても守りが強化された。そのように仕向けたのは、ホークスに違いないと思いました。そして度々でてくるドクター志賀丸太は、無個性という事が判明しました。ドクターが、何らかの個性が宿っているかと思っていましたが、ないということは、ただのそっち方面に詳しい知識オタクなのでしょうか。そして、ドクターと一緒に写っていた脳無は何の役割があったのでしょうか疑問です。護衛だとしても小さ過ぎますし、すぐにドクターがエンデヴァーに捕まったため、護衛としては力不足なので、その可能性は低いと考えてもいいでしょう。しかしドクターが捕らわれた後に力を発揮する可能性があるかもしれません。
そして病院内にある、関係者も用途を知らない霊安室からのみ通行可能の立ち入り禁止の空間があるので、病院から離れられない理事長であるドクターは、きっとその空間でOFAと話していると考えられると思います。
そして、戦前には上鳴と常闇がプロヒーローと共にいます。ミッナイ先生は「大丈夫よ!初動で少し力を借りたいだけだから」と言っていることから、何か二人の個性を用いてするのでしょう。上鳴の攻撃で宣戦布告、そして常闇のシャドーで敵を惑わさせて、プロヒーロー達が突入する形でしょうか。そして他のA組は拠点に各々が配置された。ホークスによる話ではこの日が会議の日であるので敵連合を一気に倒そうという事かと思われます。
扉絵では国民の平和を象徴するものでしょうか、冬美が夏雄の元へと歩いて戻っています。この平和はヒーローによって、できている事も表していると思います。
まだ次回で ヒーローvsヴィラン連合の戦いは始まらずに、ドクターの過去のことが話されると思います。後、どうして彼がそのような事を望むのかも気になりますね。

「僕のヒーローアカデミア」260話のネタバレ&感想・考察

2020年2月10日(月)週刊少年ジャンプ11号 発売

僕のヒーローアカデミア 260話

つづきはこちらから

260話のネタバレ

エンデヴァー率いるヒーローたちが蛇腔病院に乗り込んでいく。

逃げようとするドクターの個性をイレイザーヘッドが抹消すると急に姿が老人のように老け込んでいく。

超再生など数が多くはないものをレア個性と呼び、ドクターもオール・フォー・ワンもそのレア個性と呼ばれるものの一つを使い老化を防いでいた。

個性を複製、もしくは人造個性をオール・フォー・ワンに提供していたと容疑を詰められ取り押さえられるドクター。

その頃、脳無との戦闘に備えて病院からは人間全員の退避が進められていた。

脳無は指示がなければただの遺体であることがこれまでの調べでわかり、とにかくすばやく制圧しようとする。

しかしミルコが奥に突入すると既に脳無は稼働状態に入っていて襲いかかってくる。

先程取り押さえたドクターはトゥワイスの個性を利用した複製で、本人は地下で死柄木の改造に夢中になっていた。

個性一つを複製培養するのに多くの設備と多くの時間が必要で、病院地下に眠る大量の個性ストックを置いて逃げ出すのを忌々しく思うドクターだったが、迫るヒーローの気配を感じ、自分と死柄木だけでもと脳無のジョンちゃんの能力を使いワープして逃げ出そうとする。

しかしワープ発動される前にミルコがドクターのもとに到着、さらに突っ込んできた勢いでジョンちゃんが下敷きになって潰されてしまう。

ドクターに対峙したミルコはお前は本物かと問いかけるのだった。

260話の感想(ネタバレ含む)

「僕のヒーローアカデミア」260話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
志賀の個性と思わしきものが判明したり、個性の複製を莫大な数行っており、ヒーローに追い詰められながらも策を弄して逃げ延びようとする悪党らしさが印象的でした。社会の役に立てるような能力を悪さに使っている志賀の背景が気になりました。

「僕のヒーローアカデミア」260話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
ここにきてトゥワイスの能力が脅威となって立ちはだかっており、これではいくら敵を倒しても「まだ複製がいるのでは…」という緊張状態が長引きそうですね。ミルコの大迫力の活躍が見られたのは嬉しいですが、この後逆襲を受けてしまう不安要素もぬぐい切れません。

「僕のヒーローアカデミア」260話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代男性
前回突然のヒーロー訪問に相当動揺して意外な小物っぷりを露呈したドクターですが、実はトゥワイスの能力で作った分身でした。かと思えば今回のラストでとうとう本物のドクターを追い詰めたところでも分身と同じリアクションだったので、元々そういう人のようです。

260話の考察(ネタバレ含む)

30代男性
敵連合の中でも厄介な協力者である「博士」の所在を突き止め、捕獲に乗り出したヒーロー。一気に制圧をしようとするも志賀丸太はトゥワイスの作った偽物で脳無達との戦闘に発展してしまう。恐らく博士の本拠地であり、人生の全てと言う病院に配置してある脳無なのでこれまでのものとは一線を画する性能を持っていると思われる。オールマイトやベストジーニアス、ホークなどヒーロー側は主力となっていた人材の欠損を補える戦力があるのか、裏切り者は全て洗い出せているのかもこれからの戦闘に響くと思われる。死柄木は覚醒まで時間がかかるがこの危機的状況でそのまま捕まるとは到底思えない。博士自身ジョンの脱落により逃げ場を失ったので追いつめられた際に何を引き起こすのかも未知数。ヒーロー側の一方的な有利とはならないであろう今後の展開が楽しみである。

「僕のヒーローアカデミア」261話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 261話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」262話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 262話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」263話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 263話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」264話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 264話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」265話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 265話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」266話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 266話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」267話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 267話

近日更新!


「僕のヒーローアカデミア」268話のネタバレ&感想・考察

 

僕のヒーローアカデミア 268話

近日更新!

漫画「僕のヒーローアカデミア」を無料で読む方法

「僕のヒーローアカデミア」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「僕のヒーローアカデミア」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「僕のヒーローアカデミア」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「僕のヒーローアカデミア」単行本は410円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!