漫画「ぼくたちは勉強ができない」134話のネタバレと無料読み放題

ぼくたちは勉強ができない

漫画「ぼくたちは勉強ができない」134話のネタバレ

2019年11月2日(土)週刊少年ジャンプ49号 発売

134話のネタバレ

骨折した足の治りが良好であると、小美浪診療所で太鼓判を押される成幸。

しかし、そこには風邪でせき込む小美浪父、宗二朗の姿が。

この日の診察は小美浪母、かすみが担当し、家事は他の人に頼むことになった。

そこにやって来たのは、「メイド家事代行サービス」。

あすみが両親に内緒で働いている、メイドカフェの同僚、マチコとヒムラであった。

嫌な予感を覚えつつも、成幸とあすみは勉強に勤しむ。

ところが、宗二朗の前ではカップルを演じなければならないというのもあり、メイドたちによって成幸とあすみはからかわれてしまう。

節分が近いということで、昼食に用意されたのは恵方巻。

それを無言で頬張るあすみの姿に、成幸は赤面させられるのだった。

昼食後、眠気に襲われる成幸たちに、疲れをとるマッサージを施すメイドたち。

あまりの気持ちよさに寝入ってしまい、気がつくとムーディーな演出のされたベッドで横たわる2人。

あすみは怒りだすが、その光景を見ながらマチコが成幸に、あすみは最近楽しそうでいろんな表情を見せるようになった、と話す。

受験に一度失敗してから、仕事中以外は常にせっぱつまった顔をしていたあすみが、きっと成幸のおかげで変わったのだと。

それを聞いて、「先輩を幸せにできるならいつだって力になりたい」と言った成幸に、あすみは顔を赤くするのだった。

「ぼくたちは勉強ができない」134話の感想(ネタバレ含む)

「ぼくたちは勉強ができない」134話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
余裕をなくしていろんな表情を見せてくれるあすみが可愛かったです。
しかし、こうなると意識しているのかいないのか、成幸が誰にでもいい顔をしている、思わせぶりな男に見えてきますね。
学園祭でほのめかされていたように、誰か一人を選ぶことは確実なようですが…。

「ぼくたちは勉強ができない」134話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
小美浪家に突如やって来た、メイドカフェのあすみの同僚たち。
初めは事情を知っていたあすみの母、かすみが仕組んだものと思いましたが、どうやら本当に偶然のようですね。
両親ともに、あすみの秘密のアルバイトについては何も知らないみたいです。
大学の二次試験本番も間近に迫りつつありますが、あすみの秘密が両親に知られるのは、受験が終わった後になりそうですね。
また、今回の話で、あすみの父、宗二朗が妙に成幸に肩入れする理由は、成幸が受験に苦しむあすみを救ったことにあるのではと考えられるようになりました。
成幸とあすみの仲を過激なまでに応援する宗二朗ですが、その陰には娘にいい相手と幸せになって欲しい親心が込められているのでしょうね。

漫画「ぼくたちは勉強ができない」134話を無料で読む方法

「ぼくたちは勉強ができない」134話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ぼくたちは勉強ができない」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ぼくたちは勉強ができない」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ぼくたちは勉強ができない」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ぼくたちは勉強ができない」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓