漫画「ぼくたちは勉強ができない」128話のネタバレと無料読み放題

ぼくたちは勉強ができない

漫画「ぼくたちは勉強ができない」128話のネタバレ

2019年9月21日(土)週刊少年ジャンプ43号 発売

128話のネタバレ

センター試験は雪降る日だった。

子犬を庇った成幸は階段から転げ落ち気を失っていたが、慌てて正気に戻ると試験会場の一ノ瀬大学に向かおうとする。

しかし左足を激痛が襲う。

骨折はしていないはずだと足を引きずりながら階段を登る成幸。

緒方、古橋、小美浪たちと一緒に頑張ってきたのに終わってたまるかと、懸命な成幸に駆けつけて来たのはうるかだった。

うるかの肩に捕まり歩く成幸だが、試験開始15分前と知りその表情には諦めの色が。

情けない。

どうして自分は間が悪いのだろう。

色んな人に迷惑をかけて、色んなものを無駄にして。

それを聞いたうるかは「無駄にはさせない」と成幸に全体重を乗せるように命令すると、全力で走りだした。

しかしあと7分。

どう考えても間に合うはずがないと承知しつつも、例え受験がダメになっても最後の瞬間まであがいてみようと、前向きになる。

そこに車で駆けつけた桐須先生。

会場前の入り口で桐須に会った古橋たちが、事の次第を聞き急遽迎えに来たのだった。

うるかが現在地の目安を古橋に伝えて、大通りまで出ていたため見つかったため、うるかに礼を言いながら「迅速」と車をすっ飛ばし試験会場に。

できない娘たちの力を借りて到着した成幸。

9時30分。

いざ試験開始。

「ぼくたちは勉強ができない」128話の感想(ネタバレ含む)

「ぼくたちは勉強ができない」128話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代男性
前回センター試験の会場に向かう途中に成幸君は犬を助けて階段から転げ落ちてしまいました。一緒に勉強してきた仲間たちが会場で成幸の到着を待っている中ついにうるかが自慢の行動力で成幸を探しに出る所がさすがだと思いました。そして何とか怪我をしている成幸に会えてみんなに電話をするのですが、そこでまた充電が切れてしまってピンチを迎えると言う展開もこの話の中ではよくあることだと感じました。半ば受験を諦めかける成幸を励ますうるかは本当に頼りになる女の子です。また車で二人を助けにきた桐須先生もやる時はやるという感じでとても良かったです。どうにか試験に間に合ったところで、それぞれがこの一年の勉強の成果を無事に出せたらいいなと思いました。

「ぼくたちは勉強ができない」128話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
今回の話で足が折れたかもしれない成幸をうるかと真冬が時間ギリギリで試験会場に間に合わせ、成幸の無事に試験を受けたところで終わりました。
次回はセンター試験の結果が出るとのことですが、もしかしたら全員が高得点を得るのではないかと思います。
一度センター試験を受けているあすみは別として、文乃、理珠は今回初めてのセンター試験なので緊張しながらも得意科目では難なく点を取れているはずだと思います。
問題とされる苦手科目では緊張のあまりパニックになるとは思いますが、成幸との勉強の日々を思い出して緊張を解いていったのではないかと思います。
対して成幸は試験に臨む際に眼が虚ろ気味になっていたのが気になりましたが、この問題が杞憂に済んだのであれば問題なく高得点を取ったのではないかと思います。
この事から全員が高得点を取ったのではないかと思います。

漫画「ぼくたちは勉強ができない」128話を無料で読む方法

「ぼくたちは勉強ができない」128話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ぼくたちは勉強ができない」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ぼくたちは勉強ができない」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ぼくたちは勉強ができない」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ぼくたちは勉強ができない」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓