漫画「ブルーロック」60話のネタバレと無料読み放題

ブルーロック

漫画「ブルーロック」60話のネタバレ

2019年11月6日(水) 週刊少年マガジン49号 発売

60話のネタバレ

第60話:「戦場視界」

潔は千切・國神・玲王は強いと感じ取っている。

攻守のバランスが超高水準で持続している弱点のないチームだと思っている。

しかし潔は「なのに、こんなに、試したくてウズウズしてる!新しく強くなった俺を!そしてこのチームの化学反応を!」と思い「いくぞ!」と声をかけるのだった。

凪は「いつでも臨戦態勢」と言い、馬狼は「命令すんな」と言う。

そして凪から潔にパスを送ってリスタートする。潔は“死角”と“オフ・ザ・ボール”この新しい概念を自分の空間認識能力とかけ合わせることでできるこれが俺の新しい戦場視界だ!と言って敵と味方に視線を向ける。

敵・味方全員の視線を意識することで今まで視えなかったゴールへの選択肢が無数にあふれて来るのが見えるようになったのであった。

先に馬狼にパスを入れる。

そして潔は玲王を引きつけて、玲王の足の重心移動を見てその逆を突いて躱していく。

そしてゴールへの道筋が見えた潔は「出せ馬狼」と馬狼に視線を送るが馬狼は無視して強引にボールを持って抜きに行こうとしたところを國神にボールを奪われる。

そして凪は千切を何とかするから潔には玲王にボールを渡さないようにと言われるが、中距離で國神がフリーになってしまいゴールを奪われてしまうのであった。

2対0となったところで凪は馬狼にいい加減にしろと言って怒るが二人は言い合いになってしまい、馬狼が自分のプレイを変えることは期待できそうにない。

潔はその二人の様子を見て、一旦パサーは自分がやると言って、この2人は合わせられないと見てこのチームは自分が支配しなきゃいけないと改めて思うのであった。

潔は凪とも馬狼とも化学反応を起こす選択肢を情報追加し直そうとする。

そして自分から視える景色を更新して自分がこのチームをゴールに導こうと考えるのだった。凪のリスタートからパスは潔に入る。

しかし馬狼がゴールする景色を考えたら馬狼へのパスコースが完全に死んでることに気づく。

そこで凪へのパスの選択肢を探すとゴールのイメージが無限に湧いてくるのであった。

そのパスコースを見て潔は、凪が潔に動きをキャッチしてもらえるように動いていることを認識する。

そして潔はその凪の”オフ・ザ・ボール“を自分が感じ取れるレベルまで進化していることを体感して凪にパスを送る。

千切はその早いパスに俺と競走する気かよと言うが、凪はいくら足が速くても人間は急に後ろには進めないと言って千切とは反対方向にトラップしたボールを流してついに潔×凪の化学反応でゴールを決めるのであった。

そのゴールに千切と國神は凪が前よりすごくなっていることを感じ取ったようだ。

凪は潔に「ナイスパス潔、もうこのまま俺ら二人で勝つぞ」と言ってハイタッチをする。

潔は「おう」と返事をしながらもこれでやっと互角だと思っている。

あとは馬狼との化学反応、それを起こせればこの試合勝てる!!!と思いながら、馬狼を強い視線で見つめるのであった。

「ブルーロック」60話の感想

「ブルーロック」60話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「ブルーロック」60話の考察

近日更新!

漫画「ブルーロック」60話を無料で読む方法

「ブルーロック」60話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ブルーロック」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ブルーロック」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓