漫画「ブルーロック」53話のネタバレと無料読み放題

ブルーロック

漫画「ブルーロック」53話のネタバレ

2019年9月11日(水)週刊少年マガジン41号 発売

53話のネタバレ

潔は現状ゴール前に辿りつく1対1の武器が自分には足りないことを自覚した。

天才側に行かないと世界一のストライカーにはなれないからと今の自分に足りない能力をこの試合の中で見つけ出そうとし始める。

そして思いつく限りの戦法を試そうとする。

まずは凪とのワンツーで一瞬でも2対1を作れたらと試みるが、このやり方ではダメだとの結論に至る。

凪はその様子に何をしているんだと思いながらも再びパスを潔に戻す。

そしてまた潔からのパスをもらい凪はシュートを決める。

その姿を見ながら、潔はただ戦法や行動を変えるだけではダメだと気づき、今までの自分に捉われず、自分を壊すことから始めることにした。

そんなことを考えている潔を横目に馬狼はリスタートからのゴールを狙うが凪に防がれてしまう。

その跳ね返されたルーズボールを受けて反撃に転じようとした瞬間、潔は成早にボールを奪われるそこから成早はシュートに向かおうとするが凪のカバーに合い、決める術がなく馬狼へのパスに切り替え、ゴールが決まる。

これで潔達はあと1点獲られたら負ける状況に追い込まれた。

そんな状況の中で潔は先ほどの成早の言葉を思い返している。

そして遂に「死角」というポイントに気づくのである。

サッカーにおいてはボールを持っているだけでなく「オフ・ザ・ボール」つまりボールを持っていない瞬間の動きも1対1の場面と言えるのである。

凪のパスからリスタートして何度目かの成早との勝負に挑むにあたり、潔はついに「死角」と「オフ・ザ・ボール」という新しい概念を自分の脳にブチ込んで、これまでの自分の常識を書き換えることにした。

自分の全部を壊してもいいから何度でも生まれ変わってやると気持ちを新たにする。

凪は次の1点を取った方が勝ちだと潔に声をかけるが、潔は集中していて何も耳に入らない状態である。

「ブルーロック」53話の感想

「ブルーロック」53話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「ブルーロック」53話の考察

近日更新!

漫画「ブルーロック」53話を無料で読む方法

「ブルーロック」53話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ブルーロック」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ブルーロック」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓