漫画「ブルーロック」50話のネタバレと無料読み放題

ブルーロック

漫画「ブルーロック」50話のネタバレ

2019年8月21日(水) 週刊少年マガジン38号 発売

50話のネタバレ

第50話:「試合成立」

マッチングルームにて新BLランキング18の馬狼照英と出くわし、潔はこいつに勝つくらい1対1で強くなければここから先は生き残れないと感じるが、どうやったら勝てるのか全く思いつかない。

馬狼の姿を見て凪はアンタが負けてここに来るなんて意外だと言い、一触即発の空気を漂わせる。

馬狼は凪に「トラップしか能のないド素人が」と言い、凪はそれに対して「負けたくせによく吠える王様だ」と馬狼を煽ろうとする。

そこに「次の対戦までは最低でも24時間空けないといけないと書いているよ」と言いながら成早がやって来る。

潔は元チームメイトの成早が馬狼と組んでいることに驚きを見せる。

成早は急いで対戦相手を決めなくても負けてここに来る他の奴を待ってから選んでもいいじゃないかと馬狼に話す。

馬狼は「俺は逃げも隠れもしない、潰してやるからいつでも来いよ、腰抜け共」と吐き捨てるように言いながら立ち去って行った。

休息部屋に入った潔と凪は試合を振り返って俺達には何が足りないのかと話し合っている。

中でも自分たちがどうやってパスがない状態の中、一人で1対1に勝つのかが一番問題であるとの認識でまとまるも、解決策はやはり見当たらない。

翌朝食堂を見渡してどのチームと戦うか話し合う二人だが、結局奪敵決戦(ライバルリー・バトル)ではただ勝てればいいと言うことではなく、誰と組めば勝ち進めるのか考えないといけないと痛感させられた。

潔はB・L・M・Sトレーニングルームでシュート練習をするが1対1を制してチャンスを生む能力を見つけ出すヒントは強者とやってみるしかないのではと考える。

そこに成早がやって来て次の対戦相手は決まったかと聞いてくる。

そして話しをする中で成早は次に欲しいのは潔ではなく凪であると言われてしまう。

そして成早は自分が日本代表になってW杯優勝とかの夢を見たいならここは逃げられない、潰しあおうと潔に気持ちをぶつけてくる。

そこまで言われて引けなくなった潔はこの勝負を受けることにするのである。

「ブルーロック」50話の感想

「ブルーロック」50話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
この話はサッカーが題材なのですが、読んでいてスポーツというよりは殴り合いの激しい喧嘩のような、意地の張り合いのような印象を受けました。潔は目の前にいる馬狼を見てどうやってこいつに勝てるかと考えてはいますが、現状なんのアイディアも浮かんでいないようです。潔のチームメイトである凪も馬狼を煽ってしまいますが結局凪も打開策を見つけられていないようです。二人は自分たちに足りないものを話し合いますが、二人そろって完全に手詰まりな感じが強く、読んでいて少し息苦しさを感じるほどです。潔は悩む気持ちを振り払うように一人練習しています。その中で打開策は馬狼と戦う中でしか見いだせないかもと考えるようになっていきます。最後、成早に練習場でけしかけられてついには試合をすることに決めますが、その時の成早の表情が怖いぐらいの迫力で次の試合の時には本気で潔をつぶしにくるのではないかと考えられます。この場所のことを青い監獄と呼ぶのは閉じ込められた環境の中で極限まで自分たちを追い込んでいくことから監獄という言葉を使っているのだなと改めて読み取ることができました。今話では潔が一番おとなしくひるんでいるように見えてしまいますが、試合になれば馬狼をもしのぐぐらいの迫力を持って突き進んでいけば次の試合は期待できるものになるのではないかと考えます。

「ブルーロック」50話の考察

近日更新!

漫画「ブルーロック」50話を無料で読む方法

「ブルーロック」50話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ブルーロック」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ブルーロック」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓