漫画「ブラッククローバー」226話のネタバレと無料読み放題

ブラッククローバー

漫画「ブラッククローバー」226話のネタバレ

2019年10月28日(月)週刊少年ジャンプ48号 発売

226話のネタバレ

ガジャは文字のようなものを周りにまとわせながら、雷魔法を撃つ。

ノエルはそれをかわしたが、追撃されてしまう。

フィンラルたちの魔法で防ぐことには成功したが、ハート王国独自の魔法術式に戸惑いを隠せない。

ガジャは術式を空に展開し、莫大な魔力を見せつけるのだった。

アスタは何体もの水でできた兵士たちを打ち消していく。

その力を確認し、水の精霊「ウンディーネ」が姿を現した。

ウンディーネが言うには、ハート王国では魔法の才能や実力を「魔導階域」と呼ばれるものでランク付けしている。

一番下を第九域とし、一番上は第零域。

そんなウンディーネの説明に呼応するかのように、ガジャは強力な「真雷魔法」を放った。

水流の底で鎖に囚われ、身動きのできないアスタ。

そこにネロが飛び込んできて、封緘魔法で鎖を解除する。

一方でそれぞれの魔法を駆使した協力技により、ガジャを反撃して圧倒するノエルたち。

「魔導階域」ではけっして測ることのできない各自の力を見せつけるのだった。

ウンディーネの魔力に剣が引っ張られてしまわないように、アスタは反魔力をセーブ。

さらに氣の様子から、水で作られた檻のようなものの中に人がいることを察知し、そこに一撃を切り込んだ。

「ブラッククローバー」226話の感想(ネタバレ含む)

「ブラッククローバー」226話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
ハート王国の相手のレベルを品定めするような見方に対し、機転を利かせることで見事にやり返してしまえるアスタたちにスカッとしました。
ハートの王女の正体がいよいよ明かされそうで、一体どんな姿なのかがとても気になります。

「ブラッククローバー」226話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
アスタが切り込んだ水の中には、おそらくハート王国の王女がいるのでしょう。
姿を見せないということには、やはり何らかの事情があるようです。
それにはウンディーネがアスタの悪魔の力に対して言った「すごく使えそう」というセリフも絡んできそうですね。
本来ならば精霊は悪魔の力など嫌がりそうなもの。
それを欲しがるということは、ウンディーネの力をもってしても解決できない問題を、王女が抱えているということになります。
アスタの反魔法の力が必要だということ、そしてこれまで「呪い」についての前振りがされていること。
これらを考えると、王女は呪いにかかってしまっており、アスタの能力でそれを解除することができる、という展開が予想されますね。

漫画「ブラッククローバー」226話を無料で読む方法

「ブラッククローバー」226話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ブラッククローバー」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ブラッククローバー」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ブラッククローバー」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ブラッククローバー」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓