漫画「ブラッククローバー」219話のネタバレと無料読み放題

ブラッククローバー

漫画「ブラッククローバー」219話のネタバレ

2019年9月9日(月)週刊少年ジャンプ41号 掲載

219話のネタバレ

裁判の最中に黒の暴牛の仲間たちが現れる。

その直後、アスタはゴーシュに攻撃を受け、続いて団員たちはアスタへいろいろ言葉を贈る。

団長のヤミはキーラと話をするものの、セクレはアスタを逃がせと言う。

ヤミやほかのメンバーもセクレへの思いを告げ、黒の暴牛の団員が羽織っているマントを渡す。

その後、セクレは手錠を壊す。

団員は臨戦態勢ではあるがキーラは平然としている。

そして、スケールレギュレントでキーラ黒の暴牛のメンバーの魔力を小さくしてしまうが、アスタの滅魔の剣で効力を消滅させてしまう。

あてる気はないものヤミがキーラに襲い掛かった瞬間、フエゴレオン団長とノゼル団長が登場する。

2人もアスタを守るために来たが、それと同時に魔法帝から任務を預かってきていた。

魔法帝からの任務というのは、黒の暴牛に悪魔とつながりの疑いがある者の国外追放と監視、国外での悪魔の調査探索だった。

ヤミは2人の団長を送り込んだ理由を王権の強いからと察する。

その一方でキーラは魔法帝からの任務無罪の証明に猶予をさせるものだと察し、自身の天秤がグラグラ音を立てる。

魔法帝からの任務を聞いてアスタは目を潤ませる。

ヤミは最後にアスタへ無罪を示すために外国に行くぞと言うのであった。

「ブラッククローバー」219話の感想(ネタバレ含む)

「ブラッククローバー」219話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
法廷の場で処刑されそうなアスタを助けに来た黒の暴牛の仲間達の絆に感動しました。一触即発の場面で紅蓮の獅子王のフェゴレオン団長と銀翼の大鷲のノゼル団長が魔法帝からの手紙を読み上げてアスタと黒の暴牛の皆が外国に行き悪魔についての調査をする事になりそうで新たなストーリー展開に期待も高まり楽しみです。

「ブラッククローバー」219話の考察(ネタバレ含む)

20代女性
前回、悪魔化をしてしまったアスタは貴族の裁判を受けることになってしまった、心配する黒の暴牛のメンバーを引き連れて貴族の裁判を受けているアスタとセクレ。
そこに黒の暴牛が登場し、ヤミはダムナティオに挨拶し、彼のところへ向かう。
セクレは自分はこの時代の人でもなく、禁術も使ってるから早くアスタを連れて逃げろとヤミにいう。
しかしヤミはそんなセクレに対し、自分たちのことをまだわかってないのかと問う。
後ろで黒の暴牛の団員たちはセクレの話は聞いたと、大歓迎だとざわざわ。
そしてヤミは、自分たちはすでに変なものがお互い混ざって真っ黒な奴ら、黒い暴牛だと宣言!そしてセクレも黒い暴牛の団員に!
その光景を見ていたダムナディオは、ここで暴れてもアスタへの疑いは取り除けないと、集まってる貴族の意見は傾かないと断言。
そして、天秤魔法を発動させ、黒い暴牛側の魔力を少なくしてしまう!
ダムナティオの攻撃に対し、アスタも滅魔の剣を解放!
ヤミはダムナディオを攻撃しようとしたその時!
プエゴレオンとノゼルが登場。
二人は有能な騎士団員を失うわけにはいかないと、アスタを認める人間は身分や階級関係なく存在するという。王族の魔法騎士団長である二人の登場に会場はざわついている。
ダムナディオは何をするつもりかと聞くと、魔法帝から任務指令の伝達を受けてきたと話すノゼル。
そしてノゼルは、渡された指令を読み始める。
その内容は、黒い暴牛に悪魔との関わッタ疑いがあるものの国外追放と監視、及び国外での悪魔調査、探索の任務を付与するという内容。驚く団員たち。そしてどよめく会場。
その指令の目的は、国外追放という形でアスタの処分を後ろにし、無罪照明を猶予すること。
議長のダムナディオも納得のいかない表情だが、天秤は水平に。
そしてアスタを含む黒い暴牛は、海外へ

漫画「ブラッククローバー」219話を無料で読む方法

「ブラッククローバー」219話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ブラッククローバー」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ブラッククローバー」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ブラッククローバー」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ブラッククローバー」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓