漫画「美食探偵 明智五郎」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

\美食探偵 明智五郎 最新6巻 2020年4月24日(金)発売予定/ 

漫画「美食探偵 明智五郎」

漫画「美食探偵 明智五郎」を無料で読む方法

「美食探偵 明智五郎」は集英社「ココハナ」で連載中で現在第5巻まで発売されています。

→「美食探偵 明智五郎」第1話の試し読みはこちら(漫画の特設サイトに移動します)

ここでは「美食探偵 明智五郎」を完全無料で読む方法をご紹介します!

U-NEXT

「美食探偵 明智五郎」単行本配信中↓

電子書籍配信サービスである「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事

漫画「美食探偵 明智五郎」配信一覧表

サービス名 配信の有無 完全無料可 詳細ページ
U-NEXT ◯(美食探偵 明智五郎・単行本) U-NEXT詳細
FOD ◯(美食探偵 明智五郎・単行本) FOD詳細
music.jp ◯(美食探偵 明智五郎・単行本) music.jp詳細
コミックシーモア ○(期間限定・一部のみ) 公式サイト

配信一覧表最終更新日 2020年4月22日
※無料お試し期間などを利用して、完全無料でも漫画を読めるかを示します。

漫画「美食探偵 明智五郎」のあらすじ・人物紹介など(ネタバレ含む)

漫画「美食探偵 明智五郎」【あらすじ】

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第1巻】あらすじ

主人公明智五郎は美食探偵である。毎日最後の晩餐は何がいいかを常に考えながら生きている。ある日明智五郎の事務所に地味な主婦が夫の不倫を調べてほしいと依頼しに来る。その夫は若い女性の部屋で毎日ランチを楽しんでいた。その様子を報告すると主婦は納得して帰っていく。後日夫が不倫相手のアパート前で刺殺され、驚いた明智五郎は主婦に連絡する。最後の晩餐を一緒に過ごす二人。夫婦にとってセックスと食事はどちらが大事なのか問いかける主婦。毎日夫のために料理を作り続けていたのに、夫は不倫相手の料理も食べていた。それが許せなかったと。依頼人を犯人にしてしまったことを悔やむ明智五郎。明智五郎の前で姿を消した主婦はマグダラのマリアとなって明智五郎に近づいていく。

【第1巻】の※ネタバレ1はこちら

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第1巻】ネタバレ

明智五郎は旦那が毎日違う臭いで帰ってくるという夫人の浮気調査を受ける、調査を行った結果27歳の女のアパートに頻繁に出入りしていることが分かり、浮気している事実を奥様に報告する、探偵事務所を去る際かすかな薄ら笑いを浮かべていたことを不審に思っていたある日、ニュースで男性が刃物で刺されて意識不明の重体になる事実を知る、犯行現場は浮気調査を行ったアパートで奥さんが旦那を刺したことを知る。そこで電話をかけ最後の晩餐という口実で奥さんを呼び出しをする、奥さんは待ち合わせ場所に行く途中、橋の下から犯行に使った刃物を捨てる。待ち合わせ場所に先に来た奥さんは堂々とした態度でとても人を殺したようには見えない。食事をしながら夫を殺した理由を少しだす。その表情はどこか冷静で満足気だった。

【第1巻】の※ネタバレ2はこちら

キザで優雅な身のこなしが似合う明智五郎は、かなりの美食家で、暇つぶしのように探偵業を営んでいる。そんな明智は店の行列を嫌い、ランチタイムは毎日のようにキッチンカー「イチゴデリ」に出向き、小林苺が販売する手作り弁当を買っていた。ある日、落ち着きのある大人の女性が、夫の浮気調査を依頼しに明智の探偵事務所を訪れる。明智は調査を開始し、結果を女性に伝えると、その直後夫は殺されてしまう。女性の凶行を確信した明智は彼女を海辺のレストランに誘い、ディナーを共にするが、最後には彼女に逃げられてしまう。そして後日、明智の事務所に、マグラダのマリアと名乗る女性から絵ハガキが届く。明智はそれが彼女の新しい名前だと直感するのだった。それからしばらく経ち、明智が参加した食事会のホテルで毒殺事件が起こる。毒物の混入方法を特定するため、同じホテルで同じルームサービスをオーダーした明智は、イチゴデリの小林苺を助手に使って推理を巡らせる。そしてリンゴのジャムに毒が混ぜられたと確信した後、青森出身の若い女性・茜と事件との関連を導き出す。その後明智は、茜と共にこの殺人を共謀し、毒殺を実行した人物として、茜の背後にマグダラのマリアがいることを確信するのだった。

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第2巻】あらすじ

東京では若者が食事をする際写真を必ず撮っている。狂ってる。その言葉をつぶやきながらシェフがやりきれない表情を浮かべている。明智五郎と相棒の小林一号は日頃の労いを称して立ち食いフレンチへ。そこで明智五郎は写真を撮りまくっている若者に驚く。そこで隣にいた男が一人で写真を撮り食事をしていた。数日後、明智五郎は立ち食いフレンチ店の向かいにある昔ながらのフレンチ店から、救急車で運ばれる男を目撃する。友人である警察の上遠野と高橋が現場検証をしているところに明智五郎も加わる。シェフの説明によると、男は焼き立てのパンで窒息してしまったとのこと。その理由に納得がいかない明智五郎は調べ始める。調べるうちに男が食べレポで酷評を繰り返していたことがわかる。酷評一つで店が潰れてしまう時代。そのことに納得がいかないシェフの犯行であった。

【第2巻】の※ネタバレはこちら

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第2巻】ネタバレ

明智五郎は過去に訪れたパリでの思い出にふけるなか、マリアから明智宛に送られたポストカードを発見する。マリアは何回も犯罪を重ねている恐ろしい女であった。マグダラのマリアは人殺したい人を使って犯罪を犯かさせいる。殺人を犯した林檎へ大丈夫、あなたは正しいことをした。捕まりやしない。警察が優秀なんて嘘っぱち。あいつらは解決しやすい殺人だけを事件にして高い検挙率をでっちあげているだけ。警察が犯人を捕まえてる犯罪事件なんて全体の3パーセントもないかもしれない。100人中たったの3人だと諭す。そのマリアは最後に崖から飛び降りた女、浮気調査の依頼を受けた奥さんであった。マリア次々と犯罪を重ねながら明智探偵がもう一度自分に会いに来ることを願っているのであった。

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第3巻】あらすじ

真っ白な冷蔵庫に夢と希望を詰め込んだ妻。毎日愛する旦那様へ愛情たっぷりの手料理を振る舞いたかった。しかし現実は夫の母からのキッチン・ハラスメントに苦しむ毎日。毎週息子の好物を送り続ける義母に苛立ちを募らせ、やり切れない思いを吐き出すためにネットにつぶやく。そこでマグダラのマリアと知り合い、助言を受けて冷蔵庫の中身を捨て始める。その行動に怒った夫から離婚を言い渡され、激高した妻は手料理を振る舞うために購入していた包丁で夫を刺し殺してしまう。マグダラのマリアからの助っ人であるシェフと一緒に夫の解体を始める。殺された夫は明智五郎の高校の同級生桐谷だった。同窓会の幹事を任され、出席の返事をしていたにもかかわらず会場に現れなかった桐谷が気になる明智五郎は記念品を届けようと自宅を訪ねる。インターホンを押すものの応答はなく、水道のメーターが回り続けていることを不審に思う。夫の解体が終わり、真っ白な冷蔵庫に夫を詰め込み終わるが、明智五郎の執拗な訪問に逃げられないと思った妻は、住んでいるタワーマンションにあるドラム式のゴミステーションに身を投げるのであった。

【第3巻】の※ネタバレはこちら

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第3巻】ネタバレ

桐谷夫人は愛する旦那のためにおいしくてヘルシーな料理作りに奮闘する主婦。新居に引っ越してきてから初めて買った大きくて真っ白な冷蔵庫に新鮮でカラフルな野菜、外国製のビンに手作りのジャムをつめて並べ生理整頓された冷蔵庫の中を眺めながらうっとりする妄想にふけるが、現実は乱雑に食品が詰め込まれて整理整頓されていない冷蔵庫だった。玄関のベルが鳴り現実に戻される、クール便で荷物が届きその中身は義理の母が愛する息子の為に送る食材の数々で、桐谷夫人は義理の母から毎週送られてくる荷物にまた冷蔵庫の中の食品が増えることにうんざりとしながらも、社交辞令でお義母さんに荷物が届いたことへの感謝を伝える。夫の和宏は株で損をしたことでイライラしているが母親が料理を送ってくれるから食費が浮いて助かると口走る。そんな夫に荷物を送ることを止めて欲しいということをそれとなく伝える。しかし、夫は“君の得意料理は油っこいパスタやグラタンで、母の料理はヘルシーな和食で健康にいい”と口走る。しかし夫人にとってお義母の手料理は砂糖や醤油をたっぷりと使った煮物で耐えがたいものであった。耐えきれなくなった夫人はついには義母の料理を食卓から払い落してしまう。

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第4巻】あらすじ

美しいものを見ると人を殺したくなる。マグダラのマリアは南仏を気ままに旅していた。仕事で来ていた青年に声をかけられ、一緒にディナーに出掛けることに。美味しい料理とワインを堪能した二人は一夜を共にする。朝目を覚ますと青年の結婚指輪を外したあとに気づき、マリアはお仕置きとして散歩で摘んできた水仙の茎をルームサービスのサラダに混ぜて青年に食べさせる。水仙の毒であるアルカロイドによって青年は死亡する。海外のニュースに驚きながらもマグダラのマリアを思い出す明智五郎。マグダラのマリアの人殺しの旅は続くのであった。秋葉原では地下アイドルが人気を博していた。やっとの思いで人気が出てきた爆音エンジェルズのココはファンの男から執拗なストーカー行為を受けていた。明智五郎の助手の小林一号の同級生だったココは一号こと苺に相談する。家出をして地下アイドルになったココは警察だけには行きたくないと、家に連れ戻されるのだけは嫌だと言い張る。そんな時爆音エンジェルズのメンバーのひながストーカー男に階段から突き落とされる。身の危険を感じたメンバーは明智五郎の事務所に身を寄せる。そこでマグダラのマリアからの絵葉書を見つけたココはその美しさに心を奪われる。Twitterで偶然マグダラのマリアと繋がったココは、誰を殺したいのかと聞かれ、ストーカー男を殺すことを決意する。

【第4巻】の※ネタバレはこちら

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第4巻】ネタバレ

相変わらず犯行を重ねるマリア、海を眺めていると出張でニースにやって来ていた日本人男性に話しかけられ、ディナーに誘われる。その頃、明智五郎は、同級生が殺されたショックで塞ぎ込み、大好きな食も食欲がわかず、いつも完璧な風貌は髪はボサボサに無精ひげである。それを見かねた小林苺は元気を出すように促すのであった。惨い殺人現場を目撃した日から2人は肉に手をつけることが出来ず、苺はベジタリアン生活を明智探偵に提案するのであった。そんなある日、ストーカー被害で悩む、小林苺の同級生であるココに会う。彼女は秋葉原で地下アイドルグループ“爆音エンジェルズ”として活動するアイドルでストーカーは彼女のファンであった。相談を受け明智と苺は彼女を助けるため協力することを約束する。

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第5巻】あらすじ

病院に運ばれた若い男,田畑陽介の携帯から明智の写真が見つかり。警察から連絡を受ける明智。しかし,若い男の知り合いおらず話を聞くために病院に出向く明智。警察はなぜ携帯に明智の写真が入っているのかを明智に問いただすが,昨夜地下アイドルのライブに行った際にロビーでいきなり写真を撮られたと証言する。男は代々木公園で意識不明で倒れている所を発見され,倒れる前に嘔吐の形跡があった為,胃洗浄の処置がされ。警察は薬物の過剰摂取や睡眠薬での自殺未遂だと疑う。しかし血液分析結果からは薬物反応がなく,感染症でもなかった。その男はココのストーカーでマリアが仕向けた人物であった。ナースに変装したマリアは意図も簡単に病院に侵入し勝手に男を退院させるのであった。

【第5巻】の※ネタバレはこちら

『美食探偵 明智五郎』 単行本【第5巻】ネタバレ

爆音エンジェルズのメンバーのココ、彼女は最近ストーカーに悩まされてた。すぐに警察に相談すればいいものを親にばれるのが怖く、相談できずにいた。そんなある日、
公園で男性が倒れている。男性は意識不明の重体で、スマホのなかに五郎の写真があり、そのせいで五郎は警察に呼べれる。倒れていた男の正体はココをストーカーしていた田端だった。五郎は最初はココがやったと思ってがココにはありばいがあった。マリアは田淵の病室に看護師の変装をして入り、回復した田淵を退院させた。五郎は田淵の病院にいき、マリアと会う。マリアは五郎に自分が犯行をしたかのような発言をし、彼の晩餐はあと7回という言葉を告げ去った。田淵は山奥の山荘に連れてかれ、ココはあと一週間したら帰って来るの言われたが、ココは田淵に毒キノコを食べさせていたため、山荘で田端は7日間の晩餐を終えが血を吐いて死んだ。ある日、苺のデリにマリアがやってくる。ケータリングを頼み、マリアは苺を別荘に向かわせた。マリアは苺をだまし、苺を海へ突き飛ばす。五郎は苺を助けに向かう。苺をぎりぎりのところで助けた。五郎はマリアを追いかけ、海で溺れた演技をした。マリアは五郎を助け、五郎はなぜ自分を助けたか聞く。マリアは五郎に愛してると告げる。五郎はマリアにプロポーズをした。しかしマリアは、世の中の罪人をすべて殺したら、もう一度私にプロポーズしてと告げる。五郎は感じていた。マリアを自分のものにしたいという気持ちに。

漫画「美食探偵 明智五郎」【人物紹介】

明智五郎

明智五郎は表参道に「江戸川探偵事務所」を営んでいる探偵でありながら、同時に美食家としての一面も持っている。月に一回「東京美食倶楽部」を主宰しており、そこでは世界各国のグルメ料理を他の美食家たちと堪能している。そんな五郎だがエビアレルギーを持っているため、どんなに高級なグルメでもエビが入っているものは一切食べられないという特徴がある。運転免許を持っておらず、自分の車も所持していない。そのため車を使ってどこかへ行くときには探偵事務所の向かい側にある弁当屋さんを営んでいる小林苺に車を出してもらっている。ちなみに五郎は小林苺の弁当についてかなりの好評価をしている。父は明智大五郎といい、扇屋百貨店の社長である。

小林苺

小林苺という人物は名前にある通り、苺好きで苺の洋服を好んで来ている弁当を販売する可愛い娘である。弁当は「江戸川探偵事務所」の向かいのワゴンで弁当を販売し、「イチゴ デリ」として商売をしている。そんな「江戸川探偵事務所」の明智は美食家で小林苺の作る弁当を気に入り、小林苺と一緒に協力して探偵をしていくようになる。小林苺を協力をさせるように仕立てたのは、明智は車を運転する資格がなく明智は移動する手段がないことから、小林苺のワゴンを利用し足に使わせているからだ。それでも小林苺は最初は嫌々ながらも次第に前向きに明智の探偵に協力していき、小林苺と明智タッグで事件を解決していく面白い探偵作品となっているだろう。

マリア

明智五郎に夫の浮気調査を依頼してきた女性。平凡な専業主婦であったが、毎日同じような魚料理しか求めなかった夫が毎日違う料理の香りをつけて帰ってくるようになったことを不審に思い、明智に調査を依頼する。調査の結果、夫は会社の近くのカフェで働く若い女性の家で一時間ほど食事していることがわかるが、それを浮気と断定した夫人は積年の恨みもあり夫を殺害し、断崖から身を投げて行方不明になる。しかし実は密かに生還しており、その後”マグダラのマリア”と名を変えて、殺したいほど憎んでいる相手がいる人間に裏で手を貸し、様々な形で殺人を演出するようになる。なぜそのようなことをするようになったかというと、明智を愛していており、明智に再び会うことを願っているためだという。

過去話の好きなエピソード・感想など

2020年1月10日 更新分

「美食探偵 明智五郎」へのコメント(ネタバレ含む)1

毎日の3食の食事に命を懸けている、探偵の明智五郎。食事をして「悪くない」というのは最高の誉め言葉だそうです。初めて会った人には意味が分からいと思います。キッチンカーをよく利用をしていていますが、「今日は磯辺揚げがない」とか、食にはうるさい人だと思いました。会計にクレジットカードを出すので、ガードでは無理だと思わないくらい世間知らずなのかとも思ってしまいます。キッチンカーのお姉さんの苺は元気で面白いですし、明智五郎のキャラも笑えます。相談に訪れた、マグダラのマリアが相談に訪れましたけれど、なんだか不気味な感じがしました。結局、旦那さんを殺してしまい、彼女を追うのに、免許を持っていない明智五郎は苺に運転させているのも面白かったです。マグダラのマリアが崖から飛び降り自殺をして見つからないとの事でしたが、また登場していたのが不思議なので、今後の展開が楽しみです。

(50代・女性)

東村アキコさんの作品はいつも大好きなので、ドラマ化楽しみですが、漫画感が強い作品なのでどうなるのか今後に期待です。また食事を大切にしている明智五郎が実写化されることでより美味しい食事シーンを見ることができると思うと楽しみです。そして主役の中村倫也さんは不思議キャラの役柄がとても似合うので、怪奇に事件を解決してくれると思います。そしてマリア役が小池栄子なので、不気味な女王的ポジションがマッチしているので、今後の殺人事件の展開にソワソワします。ただ原作はまだ終わっていないのでドラマ版はどのような結末を迎えるのか全く見当がつきません。

(20代・女性)

原作のファンです。東村アキコさんはマンガの発想も絵も大好きでよく読んでいます。この美食探偵明智五郎は1話ごとに起きる殺人事件がメインとなっていて、それを一風変わった美食の探偵とその探偵お気に入りのお弁当屋さんの女の子が事件を解決していくというお話です。殺人の内容が割と凄惨なんですが、お弁当屋さんが探偵に振り回されてるのと二人のやり取りがコミカルなので、面白く読める内容になっています。また、1話で出てくる殺人を犯した女性がその後のエピソードの軸になります。この女性のイメージが最初に出てきた時のイメージとは真逆になるシーンがあるのですが、そこでまずグッと引き込まれると思います。その後、この女性と探偵が奇妙な関係を築いていくことになり、ここから話の展開が読めなくなることでますます話に引き込まれていきます。印象に残っているエピソードは、海外に逃亡したこの女性が旅先で水仙の葉っぱを使い人を殺した話です。とても優雅で美しいとさえ思えたシーンでした。ドラマ化にあたっては、演技派の俳優さんが揃っているのでとても楽しみです。とくにマリア役の小池栄子さんはイメージにピッタリだと思いました。

(20代・女性)

食に対して異常なまでにこだわりを見せる主人公の明智五郎に魅力を感じます。人間はいつ死ぬかわからない。だからこそ目の前の食事が最後の晩餐になっても後悔しないように生きていきたいという熱い思いが見ていて面白いです。その食によって殺人を犯す人々。食事は人の生き方までも変えてしまう力があるんだなと改めて思いました。この漫画は今の日本の問題をさりげなく取り上げているなと思います。料理が冷めるのも気にせず写真を撮りまくる人々。作ってくれた人には思いを馳せることもせず、勝手な感想を世界中にばらまく。そのことによってお店が簡単に潰れてしまうことも知らずに。怖いことだなと思います。料理人がとれだけ苦労してお店をもったとしても、人の悪意に押しつぶされてしまう。一人一人がそのことに意識をもってネットにアップすることをしないといけない時代なんだなと思いました。

(30代・女性)

ドラマへの期待は大きいです!なんといってもこの作品は、いろいろなギャップと話の緩急があいまってとっても面白いからです。たとえば、お金持ち探偵の主人公の明智五郎が弁当屋の小林苺に対して、弁当を買うときに「アメックスつかえるか?」、「つかえませんて」という感じの五郎のボケ(この人は本気です)と苺のツッコミがとってもツボです。あと、弁当のメニューを見ながら五郎が「アミューズがポテサラで、前菜はキャベツ明太マヨ、メインは厚切りハムカツか」というのも、間違っていないけど、なんかちがう!こういう小さいネタがちょちょこ笑いを誘います。あとなかなか予想外のシビアな事件に直面しても、五郎と可愛くて素直な苺とのやりとりがストーリーに緩急をつけてくれます。また作者の画風は白黒なのに色彩を感じてしまう、またドラマチックなコマ割りなので(そりゃ、ドラマにもなりますね)、ドラマでそれが映像がされるとさらに面白いです。そして第一話で登場した彼女は不安と謎をはらんだまま、物語は続いていきます(セクシーでミステリアスな雰囲気が小池栄子さんにぴったりの配役だと思います!)

(40代・男性)

あまり利益を上げているようには見えない探偵事務所の所長明智五郎は、お金がなさそうであるがグルメを自称しており食にはかなり厳しいところがあります。それは外食だけではなく、知り合いが作った手料理にも同じく対応するのです。夫の浮気を疑い妻が依頼してきますが、結果は妻の疑惑の通りに夫は若い女性の家で毎日食事をして浮気をしていたのでした。報告にいった探偵は丁度昼時だったので、ランチを所望し妻はこんな時だというのに、ありあわせでサクッと手軽に調理しましょうと申し出てくれるのです。妻は料理上手だったで、何もありませんがと前置きしたのに鮭のムニエルを料理してくれます。この料理に対して探偵は、いつもの口癖である悪くないと言ってしまいます。妻は褒められたとは感じずにいましたが、探偵は自分の悪くないはものすごく褒め言葉であると言いなおすシーンが好きです。

(50代・女性)

東村アキコさんが初のサスペンス漫画を描いてそれがドラマ化されたのですごくドラマへ期待を抱いています。ドラマへ出演されるキャストが凄く豪華です。主演の中村智也さんはミステリー系がぴったりで、殺人魔とかした小池栄子さん演じるマグダラのマリア役はすごくあっていると思いました。ミステリー系だけど、恋愛、グルメ、も絡むすごく魅力的な内容だと思います。「もし、明日死んでしまうとしたら、あなたは、最後に何を食べますか?」というセリフが心に残っていて、私だったら何を食べるのかなと真剣に考えてました。それくらい濃い内容のドラマなので凄く楽しみです。

(20代・女性)

いちごの作るお弁当にクローズアップしてほしいです。また、いちごとのくだらない掛け合いを増やしてほしいです。マリアさんの不気味があり何を考えているのか分からないところが魅力的なので楽しみにしています。今後もマリアによる影響で、いろいろな事件を起こる展開をとても楽しみにしています。そして、シリアスな中にも明智五郎のランチ愛からなる突拍子のない変人ぶりの演技を期待しています。事件が起こっているなかでもいちごとの面白い会話のフレーズを覚えて楽しみたいと思うので、次回はさらに面白い展開になることを期待しています。

(20代・男性)