漫画「ビーストチルドレン」27話のネタバレと無料読み放題

ビーストチルドレン

漫画「ビーストチルドレン」27話のネタバレ

2019年12月2日(月)週刊少年ジャンプ1号 発売

27話のネタバレ

先輩たちに対して本気で勝つつもりで、スクラムに挑む1年生たち。

無理な体制だからこそ緩めたら崩れる、緩めるより進む力で持ち上げる。

サクラは8番の役割をそう意識し、ありったけの力をぶつけて支えた。

サクラは、大切なことを忘れていたと、雄虎と直接会って話をした時のことを思い出す。

本気でぶつかってこそのラグビー、手加減しないことが大切なのだと、サクラは雄虎から教わっていた。

覚悟を持ってフィールドに立ち、だからこそ試合が終わったらめいっぱい讃え合える。

「なんもかんもバラバラでも気持ちはひとつになるもんだ」と。

大きさも、力も、人種も、経験値も、考えも、性格も、歳だってバラバラ。

それでも本気でぶつかっているから支え合っているのだと、サクラはスクラムを組みながら考えていた。

投げ込まれたボールをサクラが見事キャッチし、1年生たちは勝利する。

その喜びの中で、サクラは相手がいるからこそのラグビーの素晴らしさをかみしめるのだった。

練習に戻ろうとする先輩たちに、もう一回、今度は8人同士での勝負を挑むサクラ。

「本気でぶつかれっていうししょーの教えなんで!」と言うサクラのルーツには、雄虎に一対一で教えを受けた思い出があるのだった。

「ビーストチルドレン」27話の感想

「ビーストチルドレン」27話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
中途半端に試合を開始して終わらせるのではなく、一つの試練を乗り越えて部員が団結するという小さなエピソードで締めくくられたのは綺麗で好印象でした。ただのぶつかり合いとボールの奪い合いだけではない、ラグビーの魅力が伝わるいい作品でした。

「ビーストチルドレン」27話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

40代男性
先週「二人の太星」が連載終了となり、打ち切り筆頭候補と思っていたが案の定。
もっともラグビーW杯の終了に伴い既定路線ではあったのだろうが、15人制でない方のラグビーを題材にしたりと着眼点は中々良かった気がする。

「ビーストチルドレン」27話の考察

30代女性
サクラはテレビ越しに憧れた雄虎を一方的に「ししょー」と呼んで慕っていたものと思いきや、生前の雄虎に直接会っていたことが判明しました。さらに、一対一で直接指導を受けるまでになったようで、名実ともにサクラも雄虎の正式な弟子であった模様。百剣川の先輩たちと同じように、雄虎から直々に与えられた教えや遺志を継ぐ「ビーストチルドレン」であったことが最後の最後で明らかになりました!彼らはこれからも雄虎が教えてくれたことを胸に、本気でぶつかり讃え合うラグビーの楽しさを謳歌していくのでしょう。そして、そのプレーは体の大きさも人種も年齢も考え方も、あらゆる違いを乗り越えてたくさんの人々を巻き込み、伝播されていくものであると感じさせるラストでした。

漫画「ビーストチルドレン」27話を無料で読む方法

「ビーストチルドレン」27話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ビーストチルドレン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ビーストチルドレン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ビーストチルドレン」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!