漫画「ビーストチルドレン」25話のネタバレと無料読み放題

ビーストチルドレン

漫画「ビーストチルドレン」25話のネタバレ

2019年11月18日(月)週刊少年ジャンプ51号 発売

25話のネタバレ

スクラムマシンに1年が重りとして乗せられるが、それでも軽々とマシンを押し込む先輩たち。

スクラム練習もしてない自分たちにはまだまだとても無理だと話をしていると、さっそく翌日からスクラム練習が行われることが告げられる。

身長が高くフォワードが不足しているため、入ったばかりの空もスクラム練習に回されることになる。

不安に思っていたところであったが、同じポジションのベベラマシナにわからないことがいつでも聞けと声をかけられ少し安心する。

そんな様子をバックスのためスクラム練習に参加しないサクラがうらやましそうに見ていた。

空は初心者ということでスクラムの基本から教わることになる。

ざっくりといえば3人、4人、1人、の参列で並ぶ形となり、一列目の両端の1番と3番がブロック、真ん中に入る2番がフッカー、2列目の真ん中二人である4番と5番がロック、2列目両端となる6番と7番が空とベベラマシナのポジションであるフランカーとなる。

そして8番目がエイト、スクラムを最後尾で一つにまとめるチームの要でありキャプテンのポジションでもある。

まだスクラムを組んだばかりの1年生に、合宿最終日までに3年生とスクラム対決をして勝つことが宿題として課せられる。

ハンデとして1年全員の体重合計を加味して、3年生のメンバーを減らし、3年生が40キロ少ない状態で勝負することになった。

まだ初めたばかりの1年はなかなかまとまらず上手くスクラムすることが出来ない。

1年生のエイトも未経験でどうしたら良いかわからない様子である。

そこにサクラがやってきて1回だけエイトをやらせてくれと頼み込みスクラム練習に参加する。

オノトラのポジションであったエイトの動きは何百回も見てきており、サクラは的確な指示で1年のスクラムを組み上げていくのであった。

「ビーストチルドレン」25話の感想

「ビーストチルドレン」25話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
スクラムについて、初心者の空と同じくらいの認識を持っていたので、わかりやすく解説してもらえて助かりました。この作品は、難しそうなラグビーのルールを一つひとつ丁寧に、文字と絵のいいバランスでシンプルに解説してくれるため、ラグビー入門書としてとても面白く読めます。

「ビーストチルドレン」25話の考察

30代女性
40kg差というかなりのハンデをもらったにしても、3年生とのスクラム対決に1年生が勝利するのは難しそうです。
それは技術や経験の差だけではなく、団結力のない1年生たちにとって、チームワークが肝となるスクラムが非常に厳しいものだから。
サクラが飛び入り参加することによってその状況も少しは変わるかもしれませんが、たった1回の約束であるため勝利にまではたどり着けなさそうです。
しかし、この1回がきっかけとなって1年生が団結力を身につけ、3年生と拮抗できるスクラムを完成させることなら十分にあり得るでしょう。
サクラのラグビーへの熱い気持ちがどれだけ1年生たちを巻き込むことができるのか、というところに期待が高まります。

漫画「ビーストチルドレン」25話を無料で読む方法

「ビーストチルドレン」25話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ビーストチルドレン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ビーストチルドレン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ビーストチルドレン」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!