漫画「ビーストチルドレン」23話のネタバレと無料読み放題

ビーストチルドレン

漫画「ビーストチルドレン」23話のネタバレ

2019年11月2日(土)週刊少年ジャンプ49号 発売

23話のネタバレ

試合終了となったと同時にこれまでの疲労がドッと出たのか、桜が座り込んだので鰐淵達が近寄ってきて彼を気遣ったのである。

桜は大丈夫だと言って立ち上がろうとしますが、やはり桜の心とは裏腹に体はもう限界だったので足元がフラフラしていたのだ。

そこにユキトがやって来て、あともう少しだと言って桜を支える事で彼を起こしたのだ。

やがて整列し、審判の口から改めて龍操の勝利だと告げられ、観客席から大勢のお客さんが拍手をし、両校の選手達も互いの健闘を称え合っていたのだ。

桜の元にはユキトがやって来て、彼と握手を交わしたのだ。

ユキトはノーサイドと呟き、本来の意味は右も左もないという意味だが、ラグビーでは敵も味方もなく仲間だと言う意味だったのだ。

ユキトはラグビーは健闘した選手を讃える文化なのを実践して示し、龍操の選手達もサムズアップをしたのだ。

最後に立て、進め、強くあれと言って両校の選手達はフィールドを後にしたのだ。

フィールドから去った桜は思わず号泣し、試合を最後まで見届けた鯨井は次は自分の試合なので仲間達の元へと向かったのである。

鯨井が向かった先には、桜達のプレーを見て気合を入れ直した者達がいたのだ。

そして桜は心身共に疲れ果てたのか、木の下で眠りについたのだ。

「ビーストチルドレン」23話の感想

「ビーストチルドレン」23話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
激しいスポーツというイメージばかりが強いラグビーの、フェアで紳士的な側面が見られたのが非常に好印象です。
今同時期に連載している将棋もそうですが、お互いを称えられる競技というのはいいものですね。
何か手伝うと申し出た空も、サクラたちに感化されているのがわかる、さりげなくもいい描写でした。

「ビーストチルドレン」23話の考察

30代女性
試合が終了し、お互いの健闘を称え合う百剣川と龍操の部員たち。
サクラとユキトの関係だけにとどまらず、チーム全体としても良いライバル関係を築くことができたようですね。
そして、ユキトはサクラのことを他校のライバルとしてだけではなく、ともにラグビーを高め合う仲間であると認めたことを示唆しています。
それはきっと、ラグビーの伝統的な精神だけからくるものだけではありません。
精神将来的にかつての父親のように日本代表となった時、そのチームメイトとしてサクラと共闘することを予期しているのではないかと感じさせます。
サクラが今のベストを尽くしたセブンス編が完結しましたが、ラグビーの本格的なシーズンは秋と冬なので、ここから一気に時間が飛ばされてしまうのではないでしょうか。
この敗北を糧にしたサクラが、どのような成長を見せてくれるのか、期待ができますね。

漫画「ビーストチルドレン」23話を無料で読む方法

「ビーストチルドレン」23話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ビーストチルドレン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ビーストチルドレン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ビーストチルドレン」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!