漫画「ビーストチルドレン」19話のネタバレと無料読み放題

ビーストチルドレン

漫画「ビーストチルドレン」19話のネタバレ

2019年10月7日(月)週刊少年ジャンプ45号 発売

19話のネタバレ

突如現れ、負傷したサクラの穴埋めとして乱入しようとする鯨井。

メンバー集めが大会の申請に間に合わないことを見越して、自分を含めた出る可能性のある部員を全員選手登録していたのだ。

加入した鯨井は龍操の選手二人がかりでも止まらず、厳しい姿勢で的確なパスを送り、あっという間にチームの中心となる。

一年間キャプテンを務めた鯨井は、一樹雄虎を亡くして失意のどん底にある部員たちをチームとして維持することで精一杯だった。

しかし、サクラはたった1週間で鰐淵を変えることができた。そ

んなサクラたちを見て鯨井もまた、心を動かされたというのだ。

何かを意識しているかのような鯨井のプレー。

「見ろ」と強く呼びかける鯨井の心の声に応えるかのように、テントから彼らの動きを眺めるサクラ。

止血が終わり声を掛けられても気づかない程に集中し、自分の足りないモノを懸命に探っているのだった。

敵をかわした鯨井が、パスを出す素振りを見せる。

だが、一人追いつこうとするユキトは、鯨井がウソをつく時の癖を知っていることから、パスがフェイントであることを見抜いてタックルを仕掛ける。

それをも難なくかわした鯨井だったが、ユキトに足を掴まれて止められてしまう。

そこで復帰するサクラと再び交代しようとする鯨井をユキトは惜しむが、鯨井はサクラを強く育てるとユキトに宣言する。

お互いの健闘を称え合い、去り際に鯨井は、本当は自分の「ウソをつく時の癖」を自覚しており、わざとユキトに見せたということを示唆するのだった。

「ビーストチルドレン」19話の感想

「ビーストチルドレン」19話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
かっこよく登場し、そしてかっこよく去っていく鯨井にひたすら痺れました。意外な増援を受けたサクラたちですが、どうやら交代後にはサクラのパワーアップが控えているようで、そちらの方にもかなり期待しています。

「ビーストチルドレン」19話の考察

30代女性
鯨井は、そのプレーで相手を翻弄しながら、サクラに「足りないモノ」を伝えようとしていました。この試合での鯨井は、自分から相手に向かって正面からタックルせず、素早い動きでかわし続けていました。そして、ユキトと一対一で会話する機会をわざと作るかのように自分を止めさせ、退場していきます。鯨井はおそらく、タックル一辺倒のサクラに、かわすという選択肢とテクニックを見取り稽古で伝授したかったのではないでしょうか。鯨井とは対照的なまでに小柄のサクラですが、彼には小さいからこそのアドバンテージと、驚異的な走力があります。きっと鯨井の見せたかわすテクニックを取り入れて、さらに飛躍することができるに違いありません。

漫画「ビーストチルドレン」19話を無料で読む方法

「ビーストチルドレン」19話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ビーストチルドレン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ビーストチルドレン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ビーストチルドレン」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!