漫画「ビーストチルドレン」17話のネタバレと無料読み放題

ビーストチルドレン

漫画「ビーストチルドレン」17話のネタバレ

2019年9月21日(月)週刊少年ジャンプ43号 発売

17話のネタバレ

桜のタックルが成功しボールがこぼれルーズボールとなる。

しかしそれでも相手5番桐野は上手くカバーしボールを裏に蹴り込む。

外に出せればいいと考えて蹴られたボールだったが、猫神が追いかけキャッチに成功する。

そこからフリーキックで敵陣深くに蹴り込み、相手ゴール近くで相手ボールで、サッカーで言うところのスローインとなる。

ラグビーのスローインはラインアウトといい、両チームが一列に並んで真ん中に投げ込む形で行われる。

投げる側が暗号を使って味方にタイミングや場所を伝えることは出来るがラグビーの公平性の原則から、どちらのチームにもチャンスが有るように出来ている。

190センチを超える猫神がボールをキャッチし、そのまま味方ごと押し込みにかかる。

ボール保持者を先頭にして全員で組み合って相手を押し込む、「モール」という高火力のチーム攻撃である。

モールを組むとボールは選手たちの中を通って一番後ろの選手に渡され、向こうチームも直接ボールを狙うことは出来ない。

ボールを持つ選手は本来先頭でなければならないが、組み合っている限り一体と考え、認められる。

少しずつ押し込む百剣側に相手も守りの人員を増やす。

桜も同じく組み合うことでチーム総力となって相手を押し込む。

オノトラが作ったチームの人たちと組んで一体となることで、オノトラの血が通った人たちとラグビーをしているということをより強く感じ、噛み締めていた。

そして一番後ろ桜に、脇を抜き突っ込んでいけとボールが渡される。

オノトラから直接ボールを手渡されたかのようなイメージを頭の中で浮かべていた。

脇を突き抜けそのままトライし、12対21。反撃の狼煙が上がったのだった。

「ビーストチルドレン」17話の感想

「ビーストチルドレン」17話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「ビーストチルドレン」17話の考察

20代男性
今回の話は皆が繋いだボールを受け取った桜が龍操学園のゴールへと一直線に向かい、トライを決めて21対12にしたところで終わりましたが次回は百剣川高校が勢いづいて得点を決めて追いすがろうとするのではないでしょうか。
桜がゴールで向かう途中でユキトが阻止しようとしていましたが、もし阻止されていたら士気が下がって更に点差が広がっていたと思いますが、桜が捕まらずに点を取ってくれたので桜達の中でまだ逆転できるという考えに至ったと思いますので、勢いづいたのではないかと思います。
トライを決めましたのでこの後のコンバージョンキックをキック力が売りの鰐淵が決めてから、絶対に勝つと言わんばかりの怒涛の攻めを見せてくれるのではないかと思われます。

漫画「ビーストチルドレン」17話を無料で読む方法

「ビーストチルドレン」17話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ビーストチルドレン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ビーストチルドレン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ビーストチルドレン」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!