漫画「ビーストチルドレン」15話のネタバレと無料読み放題

ビーストチルドレン

漫画「ビーストチルドレン」15話のネタバレ

2019年9月9日(月)週刊少年ジャンプ41号 掲載

15話のネタバレ

幸先よく先制した桜達ですが、龍操学園もユキトの活躍によって徐々に押し始めていたのである。

試合を見ていた面々はユキトの事を流石一樹雄虎の息子だと賞賛していたのだ。

桜はユキトは凄いと賞賛するが敵を褒めるなと鰐淵に叩かれてしまうのである。

無論他の選手も厄介だが、特にユキトは相手の動きを見て一瞬の隙を突くプレーをするので高校生じゃそう簡単に止められないと語る鰐淵。

それなら自分が止めると豪語する桜だが、鰐淵達からは無理だとあっさり言われてしまうのである。

理由はユキトはフィールドから生まれ、ラグビーボールがおしゃぶりで育ったような天才だったからで、フィールドで肩を並べられる相手がいないからである。

対するユキトは汗の掻きようからかなり調子が良く、もっとフィールドにいたいという思いが強かったのである。

しかし、試合が再開されるとその汗も引いていくのである。

理由は誰もユキトではなく雄虎の息子としか見てくれないからで、そう見るのなら誰の目からも消えたいと思っていたのだ。

そしてゴール前まで辿り着くが、目の前には桜がいて彼のジャッカルを受けてボールを奪われるが味方が桜を止めたので危機を脱したのである。

まぐれでもついてきたのは褒めてやると言ったユキトに対して桜は自分はユキトがいるからここにいると、絶対にユキトから目を離さないと答えるとユキトの体から汗が流れ始めたのである。

「ビーストチルドレン」15話の感想

「ビーストチルドレン」15話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代男性
ラグビーにポエム感満載の斬新な演出が冴える本作の今回は、「白」または「雪」。
ラグビーという暑苦しく汚れる競技とは対照的なイメージでした。
有名選手2世なりの悩みからか真っ白になりたい系でしたが、最後のタックルでおめでとう、2人はライバル確定です。

「ビーストチルドレン」15話の考察

20代男性
今回の話では試合中ながら冷めた表情をしながらプレーをしていたユキトだったが、桜が真っ向からぶつかってきてユキトしか見てない発言をされた際に熱くなり始めたところで終わりました。
次回ではユキトが本気を出してくるのではないかと思います。
今回の話からユキトは幾ら自らのプレーで活躍しても一樹雄虎Jr.だの一樹雄虎の息子だのと、誰もかれもがユキトしてではなく一樹雄虎の息子としか見てくれないので、何時しか早く終わってほしいと思い始めていました。
桜達でもその傾向がありましたが、桜がユキトを一樹雄虎の息子としてではなくユキトとして見てプレーをしているのを目の当たりにした事からその嬉しさにより熱くなって汗を掻き始めたのだと思います。
そして次回から本気を出し始めていく展開になると思います。

漫画「ビーストチルドレン」15話を無料で読む方法

「ビーストチルドレン」15話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ビーストチルドレン」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ビーストチルドレン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ビーストチルドレン」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!