漫画「BEASTARS」154話のネタバレと無料読み放題

BEASTARS

漫画「BEASTARS」154話のネタバレ

2019年11月21日(木) 週刊少年チャンピオン51号 発売

154話のネタバレ

第154話/ジャックせんせーの歴史学教室

レゴシとジャックは大食堂にやって来た。

そしてレゴシは大食堂がまだ肉食草食共用なんだねとジャックに聞く。

するとジャックは利用時間を分けなくても皆自ずと種族ごとに固まって座るからねと説明する。

そしてレゴシはジャックに特進クラスでどんなことを教わったのかと聞く。

ジャックは獣社会の歴史だと言い、言ったところでレゴシは信じないかもしれないし、逆に夜も眠れなくなるかもしれない、今からする話すべて恐ろしすぎてと言って眼鏡をカチャとかけるのだった。

レゴシは左耳をぴくぴくさせて気になるなあと棒読みで答えるのであった。

ジャックはレゴシに身長と体重を尋ねる。

するとレゴシは身長180後半で体重は75とかかなと答える。

それを聞いてジャックはスタイルがいい、レゴシはとても細マッチョだと言う。

レゴシは改めてそう言われて普通だよと答えるが、ジャックは普通だと感じるのは“今”だからだと答える。

このスラッとした体型は現代社会の象徴で、今の時代の獣は年々体が細くなってるんだとジャックは説明する。

でも昔の肉食獣は今より脂肪も筋肉もすごい量でとにかくデカくて凶暴だったのだと言う。

大昔、肉食獣がまだ“生命動物”と呼ばれていた時代のことである。

彼らの当時の体格は平均300センチ200キロあり、知能が高く仲間意識もあったのだと言う。

仲間を思いやって守ったり優しくする心は持っていたけれど凶暴性も高くて喧嘩をしてはどちらかが死ぬまで戦い、勝った方が負けた方を食べて暮らしていたのだと言う。

命を食べるから“生命動物”と言われ、強い個体だけが生き残る彼らは個体が増えずあまり発展しなかったのだと言う。

そんな中出会ったのが“自然動物”今で言う草食動物だった。

その自然動物のところに岩が落ちてきそうになったのを生命動物が抱え守ったのであった。

おもしろいことに、生命動物は自然動物を守る対象として認識したんだと言う。

それゆえ初対面では争いは起きず、そこからの獣社会の発展は目覚ましかったのだと言う。

元々、繁殖能力が高くて繁栄していた自然動物が生命動物を受け入れる形で成立した獣社会。

そして長い歴史を経て生命動物の気性は穏やかになり、卵と牛乳などでタンパク質をとり生活スタイルの発展と平和な暮らしで体つきも今の僕らに近くなっていったのだと言う。

レゴシはそこまで聞いて学校だとその時代ばかりフォーカスして教わっていたと口をはさむ。

ジャックは一番平和だったからだと言い、怖いのはその後の肉草大戦で今から100年前だと言う。

違う者同士で暮らしていれば大なり小なり争いは起きるものだけど、あの戦争は両者の呼称を変えるほど大きなものだったのだと言う。

レゴシが「呼称?」と聞くと、「肉食動物と草食動物」だよと教えてくれる。

両者がお互いの降伏を望んでいた時、そこにゴゴゴゴゴと音を立てて、おっきなクジラが現れてそのクジラが戦争を止めたんだって!!と言ってジャックは手を大きく振り上げてクジラのサイズをレゴシに伝えようとする。

そしてクジラのあまりの巨大さに全部バカバカしくなって草食側が降伏して終戦したのだと言う。

レゴシは「おっきなクジラ?」と言って目を細めながらジャッの方を見る。

するとジャックはほほえましい目で見るなと言って信じてないでしょと怒るのだった。そんなレゴシを見てジャックは言うんじゃなかったと言ってふてくされる。

するとレゴシは信じてないわけじゃないけど話しがいきなりファンタジーになったことを突っ込む。

二人は信じている、信じていないでしばしその場で揉めるのであった。

膝をついて頭を垂れて「風邪をひきそうだな」と一言呟く。

そしてまっすぐ立って「御年400歳とは思えない見事な潮吹きでございますね」と言いながら巨大なクジラの潮吹きを頭から浴びている。

ヤフヤと呼ばれる男性は「あなたの存在で肉草大戦は終わりを迎えることができました。畏敬の念という言葉ではとても足りません」と言うと、海中にいる巨大なクジラは「海洋語が上手くなったな、ヤフヤ」と返事をする。

するとヤフヤは「恐縮です」と答える。

そして「あの戦いを止めるきっかけになったあなたのお言葉、今の獣社会に必要なヒントになると皆言います。あの時あなたが何を仰ったのか、まだ教えてもらえないのですか」と言う。

すると水の中からブクブク泡を立たせながら「陸の生物は未熟。いつもケンカばかり」と聞こえてくる。

そして「もっと仲良く共存できるようにならないと教えないよー」と言い残して、水の中でピュッと一息潮を吹いて海中に消えていったのだった。

ヤフヤは「さようですか、では、今回の首脳会談は閉会ですね」と言いながらボートを漕いでクシャミをしながらそこから帰っていくのであった。

「BEASTARS」154話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「BEASTARS」154話を無料で読む方法

「BEASTARS」154話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「BEASTARS」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「BEASTARS」単行本は440ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「BEASTARS」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓