漫画「BEASTARS」151話のネタバレと無料読み放題

BEASTARS

漫画「BEASTARS」151話のネタバレ

2019年10月31日(木) 週刊少年チャンピオン48号 発売

151話のネタバレ

第151話 「道化師のギャロップ」をBGMにお楽しみください

レゴシはメロンの腕を掴んで「ホラ行くよ、行きますよ、行くぞ」と言う。

「どこへ」と言うメロンにレゴシは「お前を警察に連行するの。嫌なら担いで行くしかないけど」と答える。

メロンは「ケーサツかー、まあ今まで捕まらなかったのが奇跡だし、別に」と言いかけてふと「いや待てよ、あの女を食わずに俺は一生“美味しい”を知らないままムショ暮らし!?一噛みでも食わなくていいのか!?」とあの白いウサギのことを思う。

一方のレゴシは「メロンを警察に連れだしたら俺は前科持ちでも異種結婚できるようヤフヤさんに手配してもらう!!そしてずっと一緒!!ハルちゃんと!!」と考えている。

同じ白いウサギのハルちゃんのことを考えているのであった。

メロンはレゴシに「肉食獣の力だな」と言う。

それを聞いてレゴシは「え?」と言う。

メロンは「あんたのその俺の手首を握る力だ」と言う。

メロンは続けて「肉食同士やり合う時の強さだろそれ、もう少しで折れちまいそうだよ。

オオカミなら教えられてきたはずだぜ。弱きものに優しくってな、ははは」と言う。

その表情を見ながらレゴシは「こういう角度から見ると、まるっきり普通のガゼルだな」と思っているといきなりメロンがツノを振りかぶるのだった。

驚いて倒れこむレゴシにメロンは「どうせならお前のハラワタ角に引っかけながら走りたかったのに。ちったぁ用心深くなったみたいだな。可愛くないぜ」と言って走り去って行く。

レゴシは慌てて追いかけながら「奴のガゼルの面を見ると、どうしても身体が力をゆるめようとしてしまう。今こうしている時も自分はか細い草食獣の背中を追いかけ回すとんでもなく凶暴なオオカミなんじゃないかと錯覚して足がもつれそうになる」と思いそうになる。

しかしレゴシは「だめだ!!ヒョウとガゼルのハーフに惑わされるな!!」と自分に言い聞かせ追いかけていく。

メロンはホテルの中を通り抜けて逃げようとする。

レゴシは「お邪魔しました」と謝りながら、このままこっちの方向へ進むとセンター街に入っちゃうと気づき、メロンに逃げるなら裏市の範囲でと話しかけようとするが、そんな話が分かる奴じゃないよなと思い返す。

そしてついにメロンはセンター街に入ってしまう。

メロンにここはまずいと言うが、メロンが立ち止まるわけではなくレゴシが「ここで真っ当に暮らす獣たちを巻き込みたくないんだ」と言うとメロンは「真っ当って何?センター街で澄まし顔してる奴らも夜は裏市で白目むきながら肉にかぶりついてるぜ」と言ってみせる。

それを聞いてレゴシは複雑な気分になったのか顔から困惑の表情が伺える。

ついにレゴシがメロンをガシッと捕まえた。

しかしそこはセンター街の大通りで、メロンは「一番外ヅラがいいロケーションに足踏み入れちまったな」と言う。

そしてメロンは「ここに何が仕込まれていると思う」とレゴシに聞く。

一瞬考えたレゴシをよそに、メロンは「民衆を安心させるためのカメラだよ」と言う。そして「今ごろ警察のモニター室では警報が鳴ってるさ。肉食が草食に力ずくでつかみかかると、その動きに反応してカメラの映像が警察に届くシステムになってるんだ。まさに今の状態だ」と言う。そして勝ち誇ったかのような表情でメロンは「どれだけ五感が優れていても結局獣社会は取り繕うことに必死で見た目の印象で物事を決めちまう」とレゴシに言う。

そこにはすぐに警察がやって来て「そこの白いオオカミ、ガゼルを放しなさい!!」と言う。

メロンは「逃げたほうがいい。センター街のサツはしつこいから5日は拘束されるかも」と言って先に飛び上がって逃げていく。

「待て」とメロンを追いかけようとするレゴシに警察が「待て」と声をかけ、レゴシが捕まえないといけないのはあのガゼルだと説明しようとするが警察は「うるさい!動くと撃つぞ肉食獣。そのツラ構えで言い逃れする気か」と言って銃を向けられる。

レゴシは「ツラ構え関係なくないですか」と言いながらなんとか逃げようとする。

そして気づけばテレビでニュースになってしまうほどの騒ぎになってしまうのだった。

そのニュースをレゴシの親友のジャックが見ながら「センター街のこういう報道ってなーんか胡散臭いっていうか、だいたい濡れ衣って気がするんだよね僕」と言う。

そして犯人がオオカミだとレゴシを思い出して肩入れするんだよねと言われてそんなんじゃないよと答えながら、みんなでドッキーをつまんで味わうのだった。

そして「ジャックは最近レゴシとは連絡とってないの?」と聞かれて「あいつ携帯ないからアパートの固定電話しか連絡とれなくてさー、そこに電話してもいっつも不在だし」と言うとみんなも「会いてぇなレゴシ」と口々に話しながら「でも、あいつがいなくなってマジで701号室の抜け毛減ったよな」などと平和な話をしながらドアを開けると目の前にレゴシが立っていた。

そしてレゴシは「毛の色が元に戻るまで、ここに置いてもらえませんか」と言って「事情は話すから」と言う。

すると全員言葉を失いながらも彼らの尻尾はひたすら嬉しそうにブンブンブンブンと動くのであった。

「BEASTARS」151話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「BEASTARS」151話を無料で読む方法

「BEASTARS」151話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「BEASTARS」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「BEASTARS」単行本は440ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「BEASTARS」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓