漫画「BEASTARS」147話のネタバレと無料読み放題

BEASTARS

漫画「BEASTARS」147話のネタバレ

2019年10月3日(木) 週刊少年チャンピオン44号 発売

147話のネタバレ

第147話 愛の言葉はヨダレを拭いてから

メロンはとりあえず本能のおもむくままに手を滑らせてみるかと思い、しゃがみこんでハルの体に触れてギュウっと抱きしめる。

ハルはどうしんたんですか先生と言いながら最後はあの時の感覚と同じ、レゴシくんと初めて出会った時と同じと思い、ストーップと叫んで先生を振り払い「先生、種族は何ですか!?」と改めて聞く。

メロンは聞くのはそこなのかと思っているが、ハルは今の抱きしめ方が男女というより肉食獣が草食獣を捕らえる時の感覚に近かったと言って、何度か食べられかけたことがあるから分かると説明する。

メロンは見ての通りだよと答えながらも、誰しもがこのツノに騙されてきたと思い返し、このお飾りのツノを疑ったのはハルが初めてだと思う。

ハルはそれを聞いてやっぱそうだよね、ガゼルだよなーとブツブツ言った後で、じゃあ先生今私のこと女として抱きしめたんですかと聞く。

メロンはなぜかカッターを出したかと思うと自分の太ももを突き刺す。

そして初めてだこんなことはと言って、あまり痛くないという。

そして今は心の方が痛いのかなと一人ごとのように話しているのをハルは青ざめた表情で見つめている。

コピ・ルアク研究団ではメロンについてデシコとルイが話している。

肉食と草食の混血種族にとって痛みや暴力は快楽を得られる手段の1つで、彼らは食欲と性欲が欠如している場合が多いからメロンは痩せていてとても残酷なのだとデシコは説明する。

それを聞いてルイは欲望の欠如は獣社会では一見有利に思えますが当事者はつらいでしょうねと言う。

そしてコピ・ルアクはやっぱり旨いと言うとデシコは自分の腸内細菌は優秀でしょうと言って嬉しそうにしている。

ルイは製造過程を考えないようにすれば独特な風味で美味しいと話す。

デシコは動物の体を通した食物を戦前は肉の代わりとして重宝していたんだと言いながらコピ・ルアクを飲んでいる。

ルイはそれを聞いてコーヒーで満足していたなんて平和な時代だったんでしょうねと話す。

今の肉食獣はみんな肉の味を知ってしまっているからと言いながらシシ組とレゴシの方を見る。

そしてごちそうになったんだから味の感想ぐらい言うように言うが、シシ組たちの答える様子がおかしいのでルイは席を立ってどうしたんだお前らヘンだぞと言いながら近寄っていく。

するとみんなは何も変じゃないです、そのコーヒーのせいなんです、ルイ先輩は近寄らないでくださいと頼む。

ルイは何だその言い草、と言って何か怒らせることを俺が言ったかみんなに聞く。

デシコはコピ・ルアクが現代の肉食獣には中途半端に欲をあおるだけの代物で飲めば最後、強烈に生身の肉が欲しくなることをみんなに言い忘れていたのである。

唾がどろどろと口から零れ落ちているドルフとレゴシの手をルイは握るがルイは何が起こっているのかまだ分かっていない。

ドルフはあんな飲み物1杯ごときで化けの皮がはがれる現代の肉食獣であると自分たちのことを感じ、思わず目の前にいるルイに「やっぱりあんたってクソうまそうだな」と言ってしまう。

そしてドルフはレゴシに向き直り、二人はいきなり頭をぶつけあい始める。

そしてお互いに耐えろと言ってコピ・ルアクの刺激からの欲望を紛らわそうとする。

それを見てルイはやり方はバカっぽいですけど善良なチームであると言って、君らなら本当にメロンを倒せるかもしれないねと思う。

ドルフとレゴシは肩を抱えあいながら歩いている。

シシ組の他のものもまだコピ・ルアクの作用が抜けないと言っている。

俺たちは結局何の情報を得られたんだと言っている。

後ろからついて行くルイはデシコからメロンが歴史学の博士号を取得していることを聞かされていた。

それを聞いてルイはメロンが歴史に詳しいと言うよりは歴史を憎んでいるのかもしれないと思い始める。

それはハーフの個体が戦後に増えて迫害されているからだ。

しかしこれをシシ組に行ったところで分かるかどうかと思っている。

ルイはなあとシシ組に声をかけるが、ドルフはルイを危険な目には遭わせられないから今夜は解散しようと言う。

それを聞いてルイはお前ら遠慮しすぎだ協力し合うんだろと言うが、レゴシはだからこそ一瞬たりともあなたを美味しそうだと思いたくないと答える。

それを聞いてルイは「つくづく難儀なものだな肉食と草食というのは」と言って、またなとご馳走は去ってやるよと言いながら帰っていく。

レゴシは電車に乗りながら、難儀なのは肉食獣の方だけだと思っている。

電車で隣に座っている草食獣をじーっと見つめながら、体が本当に草食を求めているのを改めて感じる。

そしてレゴシは肉食と草食の距離が近づきすぎたことで生まれるハーフの個体は、俺が犯したあの食肉とメロンの存在はどこか似た悲しみを背負っている気がすると思い始めている。

今日はコーポ伏獣の草食さんとも一切接触せずにおとなしくすぐに寝ようと階段をよだれを垂らしながら登って行く。

ドアを開けるとそこに草食のハルがいて、やっと帰って来たか不良オオカミと言って、何してたのこんな時間まで待ちくたびれたじゃんと言われる。

そしてハルにもう電車ないから今夜は泊っていくよと言われて顔面蒼白で言葉を失うレゴシであった。

「BEASTARS」147話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「BEASTARS」147話を無料で読む方法

「BEASTARS」147話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「BEASTARS」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「BEASTARS」単行本は440ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「BEASTARS」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓