バトルスタディーズ「漫画コミック単行本25巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

バトルスタディーズ

漫画「バトルスタディーズ」25巻のネタバレ

コミック「バトルスタディーズ」25巻(2020年発売予定)

バトルスタディーズの25巻には、244話(2020年5月28日 週刊少年モーニング26・27号 発売)〜253話(2020年8月6日 週刊少年モーニング36・37号 発売)が収録される見込み。

「バトルスタディーズ」244話のネタバレ&感想・考察

2020年5月28日(木) 週刊少年モーニング26・27号 発売

バトルスタディーズ 244話

近日更新!


「バトルスタディーズ」245話のネタバレ&感想・考察

2020年5月28日(木)モーニング26・27号 発売

バトルスタディーズ 245話 聖地は音を忘れた

つづきはこちらから

245話のネタバレ

運命の第一球が放たれた。

梶原が放ったボールを、笑太郎はバットの根元でとらえたようだ。

そのまま振り抜くことができれば、いいあたりになることは間違いないであろう。

しかしなんと笑太郎の持っているバットに、メキメキとひびが入っているではないか。

周りの者たちも固唾を呑んで見守っていた。

そして笑太郎は渾身のスイングで、バットを折りながらもボールをたかだとかと放った。

折れたバットを危なげに避ける四番。

必死でボールに8番の眼帯が飛びついた。

あと数センチのところでグラブはボールをとらえることができなかった。

コーチの指示をもとに全身全霊でホームに向かう信楽。

わずかにバットを避けきれず頭から血を噴き出している太平洋。

しかし北条が全力でホームにボールを返す。

ここはタイミング的にはぎりぎりのLINE になってしまったようだ。

信楽はヘッドスライディングでホームに滑り込む。

送球もほぼ同時にキャッチャーに来た。

勝負、どちらに軍配が上がるのか。

その時、笑太郎は顔には微笑みを浮かべていたという…。

本来なら観客の怒号でスタジアムはは何も聞こえないぐらいの状態であるのだが、この時ばかりは、このスタジアムが全くの無音状態に思えたのだという…。

245話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」245話の感想&考察(ネタバレ含む)1

20代男性
フキダシなしぶっ通し演出に雨粒の描写を加えるだけでここまで効果が生まれるとは…

「バトルスタディーズ」246話のネタバレ&感想・考察

2020年6月11日(木)モーニング28号 発売

バトルスタディーズ 246話 千両役者

つづきはこちらから

246話のネタバレ

アウトかセーフか運命の瞬間であった。

審判は‥両手を横に広げた。

セーフ!これでDLは1点を返すことになった。

これにはひょうひょうとしていたキャッチャーもさすがに舌打ちしていた。

しかしここに梶原が大声を上げた。

3塁。

なんと笑太郎が2塁から3塁にむかって走り出しているではないか。

手には折れたバットを持ったままだった。

なんと前回今回とグラゼニと折れたバットネタが被るのであった。

梶原の掛け声で気がついたキャッチャーは3塁に向かって投げる。

笑太郎は折れたパッドを手放して3時に向かってヘッドスライディング。

またしてもタイミングがお互いにギリギリの攻防になってしまった。

その模様をいつかの夏フェスが好きだった女の子も目をつぶって祈っているのであった。

審判は‥またしても両手を広げた。

セーフ!

DL側は歓声をあげるのであった。

笑太郎はベンチに向かって拳を突き上げた。

ベンチのメンバーも自分のユニフォームをつかんでそれに応えるのであった。

それを見て梶原もあいつらは心で会話をしていると。

そして梶原は他にもあることに気がついたようだ。

笑太郎が友達を呼び寄せてきたのだと。

雨はいつの間にか上がって虹が顔を見せているのであった。

246話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」246話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」247話のネタバレ&感想・考察

2020年6月18日(木)モーニング29号 発売

バトルスタディーズ 247話 親の心子知らず

つづきはこちらから

247話のネタバレ

梶原はこの試合に吹く風に心地よさを感じていた。

観客も選手たちも50,000人もいると言うのに、みんなで1つの同じ虹を見上げているからであった。

梶原はこの試合に勝てば優勝だから、あの虹を渡って横浜に帰ろうと言う。

しかしキャッチャーからはまだ準決勝だとツッコミが入るのだった。

梶原はその後をしっかり抑えてスリーアウトチェンジ、2対2とした。

この試合の観客にはあの懐かしの店長さんがいた。

出番が半年以上前だと思うのでギリギリ覚えている人と覚えていない人が半々かもしれないが、店長さんは北条の更生にひと役買った人物である。

ゆえに店長さんはこの試合を見て泣いているのであった。

店長さんの隣には北条の父親もいるのであった。

北条は父親に忙しいだろうから決勝だけ見に来てくれればいいと手紙を書いていたのであった。

父親は俺にもっと甲斐性があればと悔やんでいた。

店長さんはそれは傲慢だと言い出した。

実は親が子供に教える事はそんなにないのだと。

逆に子供にお金を払って親が教えてもらうことが多いのだと。

とは言え言いたいこともわかる。

店長さんはこう見えても9人の子供がいるのであった。

そして五回を前に球場整備のとんぼがけが始まるのであった。

247話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」247話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」248話のネタバレ&感想・考察

2020年7月2日(木)モーニング31号 発売

バトルスタディーズ 248話 鎧蝶(クロアゲハ)

つづきはこちらから

248話のネタバレ

梶原は球場に舞い降りたクロアゲハを見て、このようにポエムを作っていた。

クロアゲハは、いくさの中で死んでも再生してこの世に復活する守り神のような存在であると。

クロアゲハに手を差し出そうとすると、さっと羽ばたいてしまった。

これは勝ちが逃げていくと言う意味があるであろうか‥。

横羽間の攻撃、北条またしてもヒットを放って塁に出たようだ。

笑太郎はこっそり北条に話しかけていた。

万引きしたコンビニのスタッフルームで見た試合。

それが構成するきっかけになったと言う話。

絶対にもっているだろうと言うが北条はノンフィクションだと答えた。

次の打者はゴロ。

ここはダブルプレーのチャンスだ。

なんと北条の足跡で打球はあらぬの方向に行ってしまい、北条は塁を進めるのであった。

ノーアウト1、2塁である。

さらに先ほどツーベースヒットを放った大庭に打席が回っているのだ。

ここでDLタイムをとった。

タイムをとってみたものの正直話す事はあまりないと言う。

仕方ががないのでみんなここに家族は見に来ているのかとみんなに問いかけるキャッチャー。

その時上空にクロアゲハが舞っているのを見た。

それを見ていつものキャッチコピーが出た。

ピンチは見せ場。

248話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」248話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」249話のネタバレ&感想・考察

2020年7月9日(木) 週刊少年モーニング32号 発売

バトルスタディーズ 249話

つづきはこちらから

249話のネタバレ

LESSON 249 一瞬の隙

キャッチャーの大庭はこれまでの試合の展開を振り返っているようだ。

楽しい奴と過ごす時間は短く感じるが、つまらないやつだと過ごす時間は長く感じると。

これはトモフスキーの20歳までの時間がすごく長く感じるのに、20歳から20年間はすごく短く感じる通じるところがあるのではないだろうか。

大庭はもう十分に楽しんだからDLと言う船を沈めに行くぞとバッターボックスに入るのであった。

ノーアウト12塁の大チャンスである。

大庭はセオリー通りバントの構えをとっている。

DLのキャッチャーもそれはわかっていたのでここはやむなしとして、全くアウトを1つとっていく算段であった。

しかしキャッチャーがボールを放った後予想外のことが起きた。

なんとランナーがすべて走ったのである。

バスターエンドラン。

大庭はヒットを打ち、見事に北条を生還させるのであった。

これで再び横羽間が1点リードするのであった。

ベンチで藤巻たちはこの作戦の意図について話していた。

これはセオリー通り、バントだと思っていたDLの守備に三遊間の開きができてしまったのであった。

そこを狙い打たれた。

この隙をつくのが横羽間の攻撃なのである。

次は4番打者の海部である。

笑太郎は阿比留にハッパをかけに行った。

249話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」249話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」250話のネタバレ&感想・考察

2020年7月16日(木) 週刊少年モーニング33号 発売

バトルスタディーズ 250話

つづきはこちらから

250話のネタバレ

LESSON 250勇気の鈴

阿比留は意を決して4番打者海部と勝負することにしたようだ。

まず第一球目は海部はスパンジェンバーグばりの豪快なスイングをしてきたので見事に空振りをした。

阿比留がここで放った魂は豪快など真ん中ストレートであった。

先日西武相手に置きに行った投球をしてピンチを招いた日本ハムファイターズの堀は今回のエピソードをぜひ読んで欲しいところだ。

阿比留がストレートを放ったのはただの気まぐれではない。

阿比留こういうピンチのときには必ず自信満々でど真ん中のストレートを放つようにしているのであった。

しかしその鉄の心臓がいつまで続くのであろうか。

2球目はカーブを要求してくるキャッチャー。

阿比留はそれに対して2013年のマー君ばりにクビを振るのであった。

しかしそんな独壇場にはキャッチャーも納得しないだろう。

ここはノリで丸め込めるような相手では無いのだと。

そして運命の第2球が放たれた。

果たしてカーブなのだろうかストレートなのだろうか。

なんとここで阿比留が投げたのは‥。

星野 伸之の得意としていたスローカーブであった。

これはあまりにも意外な選択だったので、海部は大きく空振りしてぶっ倒れてしまった。

カーブはカーブでもスローカーブなのである。

250話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」250話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」251話のネタバレ&感想・考察

2020年7月22日(木) 週刊少年モーニング34号 発売

バトルスタディーズ 251話 超えたい憧れ

つづきはこちらから

251話のネタバレ

スローボールを放って見事ツーアウトに追い込んだ阿比留。

阿比留は4番バッターの太平洋に対して、ウイスキーはお好きでしょと同じようなテンションでストレスとはお好きでしょと言ってみるのであった。

海部太平洋はそう言われてうんうんとうなずいて見るのであった。

そして海部太平洋はサブロクモンキーズの物まねのイースラーのようにバットを掲げだすのであった。

セオリーでは通ナッシングからはスプリットで仕留めるのが普通である。

しかしそういった二番煎じの戦法は阿比留はやらないであろうとベンチも青ざめていたのであった。

阿比留はここで本当にストレートを放り込むのであろうか。

こういった東京は少し羨ましくもある。

先日の日本ハムファイターズのピッチャーはバッターと勝負するのを怖かった挙句、入りもしないスライダーを連発、フォアボールで2連続押し出しとかをやってしまってからであった。

阿比留はここで自分が成長する技ときめこんでいたのであった。

そして、運命の一球を太平洋に放り込むのであった。

キャッチャーから見てもこれはいい球であった。

打っても確実にゴロになるであろうと。

しかしこのボールを海部太平洋をギータのごとくとらえたのであった。

251話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」251話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」252話のネタバレ&感想・考察

2020年7月30日(木) 週刊少年モーニング35号 発売

バトルスタディーズ 252話 赤さび色の美学

つづきはこちらから

252話のネタバレ

4番打者太平洋の打った打球はスタンドではなくピッチャーの画面めがけてライナーとなって走っていたのであった。

阿比留は当たったボールで顔面から血を吹き出していた。

しかし当然ドッチボールとは違い、野球は顔面にボールが当たっても試合は続行される。

それを見て2塁ランナーは走ることを決意した。

しかしベースコーチの北条からは待てと言う指示が入ったのである。

じゃあ何が起こったのであろうか。

阿比留がガッツを見せてボールに手を伸ばしていたのであった。

このボールをもしキャッチしたら前の塁まで戻らなければならない。

しかし阿比留はボールを落としてしまった。

ここで北条からもゴーサインが出たのであった。

阿比留は体制の悪い状態からなんとゲッツーを取るのであった。

しかしなんとゲッツーだけでは終わらない。

笑太郎はトリプルアウトを取れると意気込んでいた。

それはなんと太平洋の走塁が田淵幸一やボーアを彷仏とさせるものであったからだった。

太平洋は息を切らしながら全速力で走っているがめちゃくちゃ遅かった。

太平洋は巨人のウィーラーばりにヘッドスライディングを決めるのであった。

そしてファーストはボールをキャッチする。

余裕でアウトなのであった。

252話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」252話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」253話のネタバレ&感想・考察

2020年8月6日(木) 週刊少年モーニング36・37号 発売

バトルスタディーズ 253話 愛しか感じひん

つづきはこちらから

253話のネタバレ

笑太郎は別に誰かのために野球をやっているわけではないと言っている。

ただ自分の好きなことに熱中しているだけなのだが、それを実にたくさんの人が来ていることに少し不思議な気持ちになっていた。

こんなものは子供たちの缶蹴りで遊びにお金を払って見に来ているようなものである。

いっぺん観客たちに聞いてみたいものだと、何を求めてここに来るのかと。

逆にやる側は何を求めて甲子園でプレイしているのかと問いかけられた笑太郎。

そんなめんどくさい話はやめてくれと言うのだが、お前が最初に降ったことだろうと言われてしまった。

笑太郎=お世話になった人たちはこの試合をどこかで見ているのだろうかとふと思った。

藤巻キャプテンは今日はだれも来ていないと聞いていると伝えるのであった。

地獄の底から這い上がってきた男たちの融資を観客席からただ眺めていることに違和感を覚えたそうだ。

今すべき事は応援ではなくて自分の生活を全うすることを、それが甲子園でプレイしている者たちへの尊敬の念になると説明した。

これはマネーの虎でも同じことを言っていたからわかる人は多いであろう。

笑太郎はそれを聞いて大空に向かってスパンジェンバーグばりに大きくスイングをするのであった。

253話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」253話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「バトルスタディーズ」を無料で読む方法

「バトルスタディーズ」は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

「バトルスタディーズ」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「モーニング」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「バトルスタディーズ」単行本も配信!

無料期間でお得に読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「モーニング」340円〜/「バトルスタディーズ」単行本648円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、月額基本料金が無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事