バトルスタディーズ「漫画コミック単行本24巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

バトルスタディーズ

漫画「バトルスタディーズ」24巻のネタバレ

コミック「バトルスタディーズ」24巻(2020年発売予定)

バトルスタディーズの24巻には、234話(2020年2月27日 モーニング13号 発売)〜243話(2020年5月14日 モーニング24号 発売)が収録される見込み。

「バトルスタディーズ」234話のネタバレ&感想・考察

2020年2月27日(木)モーニング13号 発売

バトルスタディーズ 234話

近日更新!


「バトルスタディーズ」235話のネタバレ&感想・考察

2020年3月5日(木)モーニング14号 発売

バトルスタディーズ 235話

近日更新!


「バトルスタディーズ」236話のネタバレ&感想・考察

2020年3月12日(木)モーニング15号 発売

バトルスタディーズ 236話

近日更新!


「バトルスタディーズ」237話のネタバレ&感想・考察

2020年3月19日(木)モーニング16号 発売

バトルスタディーズ 237話

近日更新!


「バトルスタディーズ」238話のネタバレ&感想・考察

2020年3月26日(木)モーニング17号 発売

バトルスタディーズ 238話 わたの原

つづきはこちらから

238話のネタバレ

四番、海部太平洋、その打球は文句なしのホームラン。

先制点は横羽間高校だった。

檜は信じられないといった様相だった。

さらに、楠も立ちすくんで考え込んでしまっている。

大庭の内角に狙いを定めたヒットならまだしも、その後の海部太平洋の初球打ちホームランはどう考えてもおかしいと考え込んでいる。

サインが盗まれている可能性もある、または檜のクセを握られているということもある。

楠は思案を巡らせてはいるが、実は六角鉛筆を転がしただけ、それに従っただけなのである。

ここで大場は楠の肩をもんだ。

なんと、大庭の口からただ鉛筆を転がしただけだとネタがあかされたのであった。

楠は、この甲子園準決勝の舞台でそんなノリ知らんでと思っていた。

ここでDL学園はタイムをとった。

2点も取られたら、逆に緊張がほぐれているだろうと楠は言っている。

檜は大庭に話しかけられていたのは何だと楠に聞いた。

引退したら、飛田新地に連れてってくれと言われたとギャグを言って見せた。

飛田新地はいわゆるひとつの、大人の歓楽街らしい。

その後も初球セーフティバントを決められ、流れは確実に横羽間にあった。

238話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」238話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」239話のネタバレ&感想・考察

 

バトルスタディーズ 239話

近日更新!


「バトルスタディーズ」240話のネタバレ&感想・考察

2020年4月16日(木)モーニング20号 発売

バトルスタディーズ 240話 雨水の味

つづきはこちらから

240話のネタバレ

キャッチャー楠の指示は初球カーブだった。

しかしそんなもんじゃ試合の流れを変えることはできないと、決断をしたピッチャー阿比留。

ピッチャー阿比留が選んだのは、フェンスにめり込むほどのボールであった。

慌てだした楠、ボールがフェンスとフェンスと間にめり込んで、取れなくなってしまっていた。

野球のルールをよくよく確認してみれば、これはボールデッドである。

ランナーは三塁どまりになるのだ。

阿比留は楠に目が覚めたかと伝えた。

球場は雨がぱらついていた。

口を開けてこの飴を飲んでみろと阿比留は言っている。

二人は口を開けて雨水を飲み始めた。

はっきり言ってこの行為は健康には良くないでやろう、濾過した雨水ならまだいいだろうが。

しかしこれは気付け薬という意味であるのだ。

楠はすでに冷静になっているようであった。

ワンアウト、ランナーサードのピンチであると阿比留。

そのピンチは自分で作ったものだろうと楠は言うが、くわえてこうも言っている。

ピンチは日本語で何と言うかだ。

俺ならこれには急場と言うかもしれない。

楠は見せ場だと答えた。

楠は見事に7番打者を三振に抑えた。

そして打順はピッチャーの梶原に回る。

240話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」240話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」241話のネタバレ&感想・考察

2020年4月24日(木)モーニング21号 発売

バトルスタディーズ 241話 アニキ諭

つづきはこちらから

241話のネタバレ

楠の奇策は見事に成功した。

暴投を捕球してないと思わせて、しっかりとボールを握っていたのであった。

横羽間高校のランナーはそれ2気づいたのであったが、時すでに遅し。

三塁に帰るも、タッチアウト、この回はチェンジとなった。

梶原はこの作戦に賞賛していたようだった。

これは楠なりの横羽間高校攻撃への回答であったのだ。

時には運に任せることも大事であるが、それよりも経験は裏切らないと。

俺は鉛筆は転がさないと大場に伝えておいてくれと言い残して楠は去っていった。

梶原は将来楠のような人とバッテリーを組みたいと言っていた。

楠は関東と関西ではでじるの違いで揉めるとして断るのであった。

余談だが中部地方では、赤味噌で味噌汁を作る。


ものすごく苦いのである。

味噌汁が苦い、こんな経験をしたことのある人はいるだろうか。

それぐらいこういった食の問題というのは壁があるのだ。

ベンチの檜は一塁側のコーチに行かせてくれとキャプテンに言うのであった。

この試合を近くで見ていたいと言うのであった。

キャプテンは勝手にしやがれと言った。

キャプテンはいつのまにかひよっこどもが成長していたと感じたのであった。

4回裏の攻撃、なんと花本は三塁打を放った。

241話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」241話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「バトルスタディーズ」242話のネタバレ&感想・考察

2020年5月7日(木) モーニング23号 発売

バトルスタディーズ 242話

近日更新!


「バトルスタディーズ」243話のネタバレ&感想・考察

2020年5月14日(木) モーニング24号 発売

バトルスタディーズ 243話 原点回帰

つづきはこちらから

243話のネタバレ

ワンアウトにはなったが、未だに Dl は一塁三塁と得点のチャンスが続いている。

レフトの門松の打順になった。

ベンチでは簡単に点は取らせてはくれまいと、祈りにも近いつぶやきが続いていた。

そんな時に笑太郎がトイレから帰ってきた。

檜を見てびっくりするものや笑うものいろんなものがいた。

笑太郎は顔だけじゃなく体中にペイントを書いているようであった。

笑太郎はスタメンを外されて正直ムカついたけど、それによってわかったことがあると意気込んでいた。

怒るということは野球への情熱がそれだけ高いのだと。

門松はあえなく三振となったようだ。

打順は本来なら鷲中である。

藤巻は笑太郎にかけてみることにした。

ここで選手の交代のアナウンスがなされた。

鷲中に代わって代打は笑太郎である。

微妙な面持ちでベンチに帰ってきた鷲中。

納得と不安が半々というような面持ちであった。

笑太郎が歌舞伎役者のようなペイントをして打席に入った。

笑太郎は横浜の海ってきれいなのかと尋ねてみた。

キャッチャーはその日の気分によると答えてみせた。

今日の空の色は悪い、笑太郎はそう言い放つのであった。

笑太郎は曇り空に向けてバットを突き刺した。

やっぱり空は青くないと…そう言って見せた。

243話の感想&考察(ネタバレ含む)

「バトルスタディーズ」243話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「バトルスタディーズ」を無料で読む方法

「バトルスタディーズ」は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

「バトルスタディーズ」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「モーニング」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「バトルスタディーズ」単行本も配信!

無料期間でお得に読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「モーニング」340円〜/「バトルスタディーズ」単行本648円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、月額基本料金が無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事