漫画「バキ道」53話のネタバレと無料読み放題

バキ道

漫画「バキ道」53話のネタバレ

2020年2月20日(木) 週刊少年チャンピオン12号 発売

53話のネタバレ

第53話 「地上最無差別

「はっけよい」と言う声を合図に巨鯨が踏み込んで前に出る。右手を張りにいくところ、渋川は姿勢を低くして、巨鯨の足元に跪いていく。すると巨鯨の身体が浮き上がる。しかし、巨鯨も足を踏みしめ倒れずに踏みとどまる。その巨鯨に渋川はひょいと跳び上がり、右手の中指を巨鯨の首にグボッと差し込む。しかしその渋川の手を巨鯨は左手で大きく払いに行く。すると渋川の身体がついに宙に舞う。しかし渋川はザッと着地する。巨鯨はしばし息を整えようとうつむく。渋川は構えの姿勢に入る。実況は言葉が動きに追いつかない状態である。先ほどの渋川の動きを「諸手を地面につき、自らを障害物と化すッッ、指先をも剣に変えノドを一刺しッッ。いずれも相撲にはあり得ない奇襲ッッ。大関には初めての代物でしょうッッ。しかし立ってるッッ、大関未だ土付かずだッッ」とアナウンスが流れる。そして渋川に対しても「一方、達人渋川剛気、高重量の張り手を果敢にブロックッッ。宙高くハネ飛ばされるも、着地するや否や両脇の諸手は正面へと構えられたのです」とアナウンスが流れる。

 そして再び巨鯨が腰を割り始める。徹頭徹尾大相撲の仕切りの姿勢を忘れない。対する渋川もフツーに歩いて巨鯨に近づいていく。そして気づけば、巨鯨の間合いを過ぎている所まで進んできていた。しかしそこで、渋川は構えていた手をだらりと下げる。そして渋川は「他でもねぇ、大関…俺と組まねぇか…?」と言う。その言葉を聞いて巨鯨は笑みを浮かべる。そして二人は組み始める。会場では「え!?え!?え!?おいッッおいおいおいッッ!!何をしてるんだこの2人はッッ!!?」とのアナウンスが響き渡る。そして「地上最無差別のガップリ四つだァッッ!!!」とのアナウンスと同時に巨鯨はガップと渋川の腰を両手で掴み抱え込むのだった。

「バキ道」53話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「バキ道」53話を無料で読む方法

「バキ道」53話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「バキ道」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「バキ道」単行本は473ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「バキ道」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓