漫画「暁のヨナ」 183話のネタバレと無料読み放題

漫画「暁のヨナ」183話のネタバレ

2019年11月5日発売 花とゆめ23号 掲載

第183話 「終幕」

四龍のお披露目の武術大会でジュド将軍とグンテ将軍が勝利をおさめる。

次にテウが青龍と闘うことになっているのだが、この状況では無理だろうと言う。

そしてテウはハク様の様子が知りたくて来たんだと言う。

するとその闘技場にハクがジェハ(緑龍)を抱き起こしに来るのだった。

そしてハクはお前ら2人、シンアとゼノに怒られるぞと言いながら連れて行こうとする。

するとジャハの前にグンテ将軍がいてジェハは

「悪いね、なかなかオチがつかないから斬ってもらおうと思って。大丈夫傷は浅いから。でもさすが空の部族と地の部族将軍。僕やキジャの攻撃受けて立っていられるんだから格の違いが分かったよ」と言う。

そして話の途中でジェハは気を失ってしまう。

グンテ将軍は「お互いくたびれたな。四龍の能力、なるほど伝説になるわけだ」と言うのであった。

そのジャハがグンテ将軍にもたれかかる姿を見て客たちは「何かわからんがいい光景だ」などと言って闘いが終わりを迎えることになった。

キジャも運ばれて、その様子を見てヨナはようやく胸をなでおろすのであった。

運ばれて横たわっているジェハとキジャをシンアとゼノはじーっと眺めている。

その暴れっぶりに客席はめちゃくちゃだと話しながら、ジェハの斬られたところをツンツンし始める二人に、ジェハは「君らの能力は人の感情を良くない方向に揺らす。

第二・第三のゴビ神官を生み出しかねない。大勢の前で晒すのは危険すぎるよ」と言う。

それを聞いてシンアは「俺とゼノを隠してもキジャとジェハが危険になるのならそれは解決じゃない」と言う。

するとゼノは「分かっててもお前らはそう行動しちゃう性分なんだろうけど」と言う。

ジャハは「ところでハクは?」と話をはぐらかすがゼノは「兄ちゃんは元居た隔離部屋に戻された」と説明するのであった。

ジェハはなんやかんや理由をつけてあの場でヨナちゃんと会わせてあげようと思ったのにと言うが、ゼノはハクが落ち着いていたと言うのだった。

 

ジェハを助けたハクは席に戻るようにと言われる。

ハク様をスウォン陛下にこれ以上近づけてはならないと下知がくだっているのだと言うのだ。

ハクは遠くにいるヨナに視線を送りながら「遠い、どうすれば近くに行ける?」と考えている。

そのハクに「お帰りなさい」との声が飛び、「雷獣」と呼ばれるのを聞いて人々はハクが風の部族の元将軍であったことを思い出すのであった。

そしてイル陛下を殺してヨナ姫を攫ったって噂は嘘だったと言ってヨナ姫と共に緋龍城に戻って来たんだと話している。

そして人々は「雷獣は戻ってきたし伝説の四龍は味方だし、スウォン陛下とヨナ姫はめでたく婚約、何と良き日だ」と話をしている。

「お帰りなさい」と声をかけられるハクは「お帰りねぇ、」と言って複雑な表情を浮かべている。

そして心の中で「怒りに任せて暴れたところで大切なものは戻ってこない。俺が大人しくしていれば姫さんと四龍とユンの安全は守られるのだろう。

じゃあ部屋に籠もり姫さんたちの幸せでも神に祈るか?」と思いながら「私にハクをちょうだい」とヨナに言われたことを思い出して「だよなあ、同盟結ぶのは千歩譲って了承したが専属護衛剥奪される筋合いはこれっぽちもねぇよ」と呟くのだった。

 

グンテ将軍は奥様のユウノと生まれた子供のタルグを連れてスウォン陛下の元を訪れていた。

そして不甲斐ない所をお見せして申し訳ありませんでしたと報告するのであった。

そしてグンテ将軍は四龍の能力、その恐ろしさを漸く理解したと言う。

あれは強大な兵器であり、何としても他国に渡してはならないと報告するのであった。

ユウノは陛下にヨナ姫と婚約されたのでしょうと笑顔で問いかけるが、陛下はそれについてはまだ何とも、と言葉を受け流す。そんな陛下にグンテ将軍はこの際誰でもいいからと結婚を薦めるのであった。

陛下はボソッと「時間がね、かかりすぎるんですよ」と言う。

それを聞いてグンテ将軍は跡継ぎを作るのがですかと聞き返すが、陛下は「私の血を受け継ぐ

子が王に相応しいとは限らないでしょう。

それより王の器を持った人を探す方がはやいので」と答える。

するとグンテ将軍は陛下の血を引いてなくても良いのか、どのような身分でも?と立て続けに聞く。

そして最後に「陛下からご覧になって、王の器を持つ者は既に決まっておられるのですか?」と聞かれるが、陛下はうつむいたまま何も答えないのであった。

ハクの元を訪れたスウォンの部下はどういった御用でしょうかと聞くと、まずハクに名前を聞かれる。

そしてラバですと名乗りながら心の中でハクガ何を考えているのかと思いを巡らしながらドキドキするのであった。

ハクはラバに「ケイシュクの部下だよな?」と聞くと「ケイシュクに俺を空の部族軍に加えてくれ」との伝言を頼む。

そう言われて戸惑うラバに、ハクは

「俺は元風の部族将軍ではあるが、空の部族軍は初めてだから一兵卒からでいいよ。ああでもこれは参謀じゃなくてジュド将軍の管轄か」

と言いながら「まあどっちでもいいから伝えてくれ」と頼む。

ラバはそれを聞いてどういう意味かと尋ねるが、ハクは「同盟組んでここで食っちゃ寝してんのも悪いんで仕事しようってんだ。不都合でも?」と逆に尋ねる。

そして「スウォンには近づかねえよ。見張りをつけたっていい。そもそも一兵卒が高貴な人に近寄れる訳がねえんだけど」と言う。

そして「ユンは医術を学ぶ約束をしたはずだからそれは忘れないように」と言う。

ラバは一通り聞いた話を伝えてまいりますと言って去って行った。

 

ユンはハクに「雷獣、何を始めるのか」と聞くが、ハクは「言った通りだよ」と言う。

そして「ケイシュク参謀やスウォン王に何かする訳じゃないよね?」とユンに聞かれてハクは

「あの参謀、俺の武人としての力は認めてるらしい。見てるだけはもうやめだ。自分の欲しい居場所は自分で作る事にした。一兵卒から駆け上がってやる」

と言って顔を上げて先を見据えた視線を送るのであった。

「暁のヨナ」183話の感想

「暁のヨナ」183話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「暁のヨナ」183話を無料で読む方法

「暁のヨナ」183話は漫画雑誌「花とゆめ」に掲載されている作品です。

花とゆめは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「暁のヨナ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!