AGRAVITY BOYS「漫画コミック単行本4巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

AGRAVITY BOYS

漫画「AGRAVITY BOYS」4巻のネタバレ

コミック「AGRAVITY BOYS」4巻(2020月発売予定)

AGRAVITY BOYSの4巻には、26話(2020年6月27日 週刊少年ジャンプ30号 発売)〜34話(2020年9月7日 週刊少年ジャンプ40号 発売)が収録される見込み。

「AGRAVITY BOYS」26話のネタバレ&感想・考察

2020年6月27日(土)週刊少年ジャンプ30号 発売

AGRAVITY BOYS 26話

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」27話のネタバレ&感想・考察

2020年7月6日(月)週刊少年ジャンプ31号 発売

AGRAVITY BOYS 27話

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」28話のネタバレ&感想・考察

2020年7月13日(月)週刊少年ジャンプ32号 発売

AGRAVITY BOYS 28話

つづきはこちらから

28話のネタバレ

ババラズキはアカデミーを破滅に導く悪魔と呼ばれていた。

自由連合アカデミー中等部の男子寮。

クリスは今日からここに住めるんだと意気込んでいた。

ルームメイトがいる、それはサガだった。

豪華な部屋に感動している2人。

喜んでばかりもいられないと言う。

ババラズキは学園1の不良だと言っている。

名前も゛濁音ばっかりだしこういうやつは強いと。

明日はひとまず調査に出かけることにした。

次の日2人が調査に出かけると、女にデートをしてくれとせがんでいる男がいた。

ババラズキがその男だった。

これが2人がババラズキとの初めての出会いであった。

女にはり倒されて気絶をしているババラズキを2人は公園まで介ほうしてあげる。

ババラズキに2人は質問する。

ババラズキは先日生徒が襲撃された事件は自分がやったことではないと言う。

実はこのアカデミーでは内部生と外部性ではとある取り決めことがしてあるだけだという。

それはお互いの穴にブロッコリーをさせるということである。

これは拳や武器の代わりにブロッコリーを握ったり拾ったりすると言う平和的な意味だったのだ。

ババラズキはたくさんのブロッコリーを今までさされてきたのだと言う。

しかし今回は違う派閥が出てきたと言うことだ、ババラズキは決意をした。

28話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」28話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」29話のネタバレ&感想・考察

2020年7月20日(月)週刊少年ジャンプ33・34号 発売

AGRAVITY BOYS 29話

つづきはこちらから

29話のネタバレ

学生時代、内部生vs外部生のバトルが繰り広げられていた学園で外部生のリーダーであるババを狙っているものがいる。
その話を聞いたクリスとサガはババに協力するために動き出す。
ブロッコリーをケツに差すという謎の戦いが繰り広げれれていたためブロッコリーを持って向かう三人。
戦いをする場所は決まっているというババがまず向かった羊さん遊具の公園で早速上から飛びかかられる。
暴力は使わない、と言っていたババだったが正面からブロッコリーを使ってぶん殴り一蹴するのだった。
第二ポイントでもサガがブロッコリーを使った技を繰り出す。
ちなみに素手で攻撃すると執行者と呼ばれるレフェリーが現れて制裁を受けるのだった。
恨まれ過ぎのババに次々と刺客が押し寄せるが、なんだかんだで倒して行く。
最終ポイントにたどり着いた三人だったがボロボロになり、首謀者の前に引き釣り出されてしまうのだった。
自分のふがいなさに悔しくなるクリス。
ババに巨大ブロッコリーを刺して終わりにしようとする首謀者だったが、すんでのところでクリスがブロッコリーを発光させて目をくらませるのだった。
クリスに託されたブロッコリーでサガがとどめをさして抗争は終了する。
クリスは入学二日目に何をやっているんだろうと自問自答するのだった。

29話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」29話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」30話のネタバレ&感想・考察

2020年8月3日(月)週刊少年ジャンプ35号 発売

AGRAVITY BOYS 30話

つづきはこちらから

30話のネタバレ

夜が明け、負傷者120名、退学者1名という多くの犠牲者を出し、学内抗争は終結した。サガ・クリス・ババズラギは、顔を合わせて大笑い!入学3日目にして、次やったら退学だと宣告されたクリスは半ばヤケになっている様子。しかしババズラギは、4回目の退学リーチだと平気そうに言った。アカデミーは、学園に残すに値する結果さえ残せば不祥事をチャラにしてくれるのだ。

ババズラギは、直感型エロ動画検索システムを進化させたエロ動画サイト「B-VIDEOS(ババービデオズ)」を運営していたという悪事を打ち明ける。さらにはその運営で得た資金で、五感型個室エロ動画鑑賞システム「B-BOX(ババーボックス)」を寮に勝手に作り、ドン引きするくらい寮生達の成績が落ちたことも。それを聞いて、間違いなく学内一の不良でアカデミーを破滅に導いていると納得するサガ。ババズラギはその分、惑星探査に使えそうなシステムをいくつか開発しており、その実績で学園に残れているとのことだが…。

エリートが集まり競争ばかりに必死なこの学園を楽しい所に変えたいという想いで、ババズラギは「エンジニア」としてよりよいものを作ろうとしているのだ。そして、他の生徒と違って「賢く」生きようとしていないサガとクリスのことを評価し、「3人でやる方がずっと効率が良い」と言うのだった。

3人で談笑する中で、中等部にスパイが入っていたことにショックを受けたと言うクリス。ババズラギによれば、それは「ゲラルト・ゼーマン」が在籍しているからだとのこと。そうして3人でゲラルトについて話しているのを、通りがかったゲラルトが遠くから振り返って見つめていた。その時、誰かの呼ぶ声が聞こえたような気がしていたのだ。

キノコ鍋を食べて倒れていた4人は、昔の夢から覚めて立ち上がる。そして点けっぱなしだったコンロの火が燃え広がっているのを見つけ、叫ぶのだった。

30話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」30話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」31話のネタバレ&感想・考察

2020年8月11日(火)週刊少年ジャンプ36・37号 発売

AGRAVITY BOYS 31話

つづきはこちらから

31話のネタバレ

焼け焦げた船内を呆然と見る4人。重要な機能は全部生き残っていると言うが、復旧に少し時間が掛かるとのこと。毒キノコを食べてしまったことで言い合いを始めて盛り上がるが、クリスだけは冷めた顔をしていた。

タイムマシンと今後の方針について、北方同盟と話し合って以降、4人はろくなことを成し遂げていない。そうクリスに指摘され、ネカマしたり料理対決をしたり女子に貢いだり、といった調子の自分達の行いを反省しだす3人。クリスも生主にうつつを抜かしていた自分を反省するが、どこか自慢めいた言い方をする。しかしふざけてばかりの生活から心を入れ替え、4人は熱心に仕事に取り組むことを決意した。

各々の専門分野で本気で仕事をし、今までのことがウソみたいに真面目になる4人。高次的存在も遊びにくるが、まるで相手にされず落ち込んで帰ってしまった。ところがそんな日々の中で、それぞれは寂しさを感じ、ババズラギはクワガタのカゴをひっくり返してもチンチンを挟まれないことに疑問を感じ、「何かが足りない」と気づき始めていた。

そんな不自然な日常を送る中、ある日会議室の復旧が完了する。マジメな空気に内心焦燥感を覚える4人だったが、そこにグリスロウがキノコを抱えてやって来た。それを見て急に、4人は涙を流して喜び始める。4人がかりでグリスロウをイジったのを皮切りに、ババズラギの着ている変なタンクトップ、ゲラルトのメガネのフレームとすり替えたうどん、クリスのこっそりアップした新作動画と、ツッコミ待ちだった仕込みを次々に話題にしだした。

その流れでサガは、サンプルとして購入し、3日前に届いたダクマタイトを見せる。それにクリスが「それは言えよ!」とツッコみ、4人は本心を晒け出し合ったことでいつもの調子を取り戻すのだった。

31話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」31話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」32話のネタバレ&感想・考察

2020年8月24日(月)週刊少年ジャンプ38号 発売

AGRAVITY BOYS 32話

つづきはこちらから

32話のネタバレ

冒頭から「OMOポイント120P分達成だーッ!」とポイントカードを掲げて喜ぶ4人。これは高次存在と間における取引の際の通貨だった。

アレスタから戻った時、4人は高次存在に、またアレスタに連れていってもらおうとしていた。沢山の物や情報が集まるあの星は、現状彼らにとって非常に重要だからなのだが、高次存在はその頼みを拒否!4人は高次存在にとって決して対等ではなく、オモチャなのだと言う。「私を楽しませる事に身命を賭して取り組め」と傲慢なことを言われるが…。

そこでゲラルトが提案し、生まれたのが「OMOポイント」。4人が高次存在を楽しませた見返りとして、様々なものと交換できるものだ。目玉は120Pの往復ワープ券だが、3Pで皿、20Pで「宇宙っ娘倶楽部」、「逆関節型の脚部」パーツなどがラインナップされており…。興味をそそられる面々だが、クリスだけは「わざと皆の好きそうな物を景品に入れてポイントを無駄使いさせようとしているんだ!」と看破して引き止めていた。

高次存在の誘いに乗らないよう、ワープ券を使う時までOMOカードはクリスが預かることに。しかし自室に戻ると、そこに高次存在がいた。「銀河生主四天王”エリプス・ケブラー”を知っているか?」という問いに、思わず興奮するクリス。クリスにとっても憧れのNo.1生主のようで、「その憧れの人物と僅か100Pでコラボできるとしたら?」という甘い誘いが始まり…。

実のところ、模範的な人間として良い子だったクリスは、人気生主というペルソナを得て、社会規範を踏み越えて少しずつアウトロー化していくスリルと充実感にハマりつつあったのだ。そこをつけこまれ、貸し出したポイントをリボ払いで返済すればいいと乗せられてしまい…!60OMOPを使い、ゲストでリモート出演することに!そして返済のため、日雇いバイトでクリスは、アレスタでコスプレチラシ配りをすることになった。

欲に負け、3人を裏切ったことを悔いるクリス。すると同じバイトメンバーとして現れたのは…右半身だけ裸のサガ、鬼の女の子のコスプレをしたゲラルト、貝殻ビキニを身に着けたババズラギだった!それぞれ逆関節の脚部、宇宙っ娘倶楽部、ソシャゲのようなガチャを餌に、ポイントを借りていたのだった…。

いいように遊ばれたと気づいた4人はその姿のまま、激怒して高次存在を探す。その後「この瞬間が見たかった」と言った高次存在は、サービスでポイントを全部元に戻してくれたのだった。

32話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」32話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」33話のネタバレ&感想・考察

2020年8月31日(月)週刊少年ジャンプ39号 発売

AGRAVITY BOYS 33話

つづきはこちらから

33話のネタバレ

北方同盟の4人は、「MASARU」というドラマシリーズを観賞していた。それは彼らがα・ジャンブローへ出発する2年前まで、13年間にわたり全世界でシーズン15まで放送された、超大人気TVドラマで、世界中で社会現象になったのだと言う。

舞台は2020年代の東京で、SNSで悪口を書き込むのが趣味の、27歳フリーターのまさるが主人公。シーズン1の驚異的な低予算クオリティやまさる役のひどい演技などが、深夜帯でマニアに注目され、人気に火が点いたとのことだが…。唯一初見だったグリスロウは、超人気ドラマであることが信じられず、そのクオリティの低さにツッコミを入れずにはいられない。

そしてどのシーズンが一番面白いのか尋ねるグリスロウ。すると3人はその質問がナンセンスだと責めながらも、それぞれに推すシーズンについて語り出し、ギスギスし始めてしまう。「MASARU」はシーズンごとに舞台や世界観がコロコロ変わり、クオリティや評価もバラバラのようで…。

4人で言い争っていると、作りすぎた肉じゃがのおすそ分けのため、サガとババズラギが登場!グリスロウが2人にも「MASARU」の話題を振ると、サガたち4人も大好きで、どのシーズンでも喋りつくせるとのこと。どのシーズンが一番面白いのか尋ねると、サガたちすらギスギスし始める有様だ。

「MASARU」のシーズン談義で盛りあがり、1人置いて行かれたグリスロウは、「大体!もう終わった作品だろーが!」と言ってしまう。その言葉に落ち込んでしまう北方同盟の面々だが…。

そこでサガが、「別のやつ」があると教える。「MASARU」のスタッフが作り、メインの役者も同じドラマが展開されていたのだ。その時の世界情勢の影響で、北方同盟の方には渡っていなかった模様。

その情報を知った北方同盟の3人は、グリスロウの空気の読めない発言のおかげで引き出せたと、口々に褒めだす。データを持ってきているというサガから、明日渡すという約束をしてもらい…。もう終わったと思い込んでいたものが、形を変え遠く離れた場所で出会えることもあるという、文化の普遍性を嚙みしめる彼らだった。

33話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」33話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「AGRAVITY BOYS」34話のネタバレ&感想・考察

2020年9月7日(月)週刊少年ジャンプ40号 発売

AGRAVITY BOYS 34話

つづきはこちらから

34話のネタバレ

大ケガをした子供のカワウソを川原で見つけ、保護するサガ。クリスの手術により、カワウソは一命をとりとめるが、後ろの両足は失ってしまう。ババズラギの提案で義足を作ることにし、一人だけ気が乗らないながらも賛成したゲラルトを含め、4人がかりでの世話が始まった。

カワウソはクリスの元でリハビリを進め、ババズラギの落としたパーツをとろうとして違うものを拾ったり、サガのスニーカーの中で寝たり、何かにつけゲラルトのメガネを引っ張ったりし、それぞれと親交を深める。しかし元気になると同時に、夜鳴きが始まった。

カワウソは、死んでしまった親を探しているのだろうと推測する4人。自分たちとおなじ孤児であることや、世話をするうちに情が湧いたことで、自分達で飼おうかと相談するが、当初は野生に返すと決めていたことから葛藤し…。

4人はボートを漕ぎ、カワウソの仲間たちがいっぱいいる場所に連れて行った。そこで4人といるか、仲間のいる群れに帰るかを選択させるために。カワウソはボートから川にもぐり、しっかりと泳いでいく。

それを見ながら、サガがカワウソのためにスニーカーを低い位置に置き直していたこと、クリスがカワウソ用の診察券を自作していたこと、ババズラギが義足の色違いを20種類も作っていたことを語り合う。そして、カワウソが行ってしまうことに大号泣!3人はすっかりカワウソに情が移ってしまったのだ。

そこで、自分達のやったことはエゴでしかないと咎めるのが、唯一冷静なゲラルト。そしてカワウソがメガネに散々イタズラしたこと、部屋に毛をまき散らしたこと、思索のジャマをしたことを思い出し…。「楽しかった―」とようやく本音を打ち明け、一筋の涙を流した。「素直になれなかった…もっとショコラに対して愛情を示してやりたかった…」と、勝手につけた名前を呼び。

崩れ落ちたゲラルトのメガネに、ぺたぺたと触る肉球がある。ショコラが戻ってきたのだ!ただ泳げるところを4人に見せたかっただけのようで、ショコラはゲラルトのメガネを加えて笑顔を見せる。こうして同じ孤児である境遇の4人は、新たな”家族”を得るのだった。

34話の感想&考察(ネタバレ含む)

「AGRAVITY BOYS」34話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「AGRAVITY BOYS」を無料で読む方法

「AGRAVITY BOYS」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「AGRAVITY BOYS」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「AGRAVITY BOYS」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「AGRAVITY BOYS」単行本は459円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「AGRAVITY BOYS」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓