漫画「アクタージュ」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

アクタージュ

漫画「アクタージュ」の最新話ネタバレ

▶︎「アクタージュ」91話(2019年11月25日発売 週刊少年ジャンプ52号)のネタバレ

漫画「アクタージュ」を無料で読む方法

「アクタージュ」は漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に掲載されている作品ですが、今のところ読み放題のサービスを含め週刊少年ジャンプを完全無料で読む方法はありません。

ですが「アクタージュ」の電子版最新コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

U-NEXT

漫画「アクタージュ」の電子版最新コミック単行本を配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「アクタージュ」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数配信中!)
U-NEXTの詳細記事

漫画「アクタージュ」配信一覧表

サービス名 配信の有無 完全無料可 詳細ページ
U-NEXT ◯(単行本) U-NEXT詳細
FOD ◯(単行本) FOD詳細
music.jp ◯(単行本) music.jp詳細
ジャンプBOOKストア! ◯(少年ジャンプ) × 公式サイト

配信一覧表最終更新日 2019年11月13日
※無料お試し期間などを利用して、完全無料でも漫画を読めるかを示します。

漫画「アクタージュ」の過去話ネタバレ

「アクタージュ」コミック 9巻

▶︎「アクタージュ」74話(2019年7月22日発売 週刊少年ジャンプ34号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」75話(2019年7月29日発売 週刊少年ジャンプ35号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」77話(2019年8月19日発売 週刊少年ジャンプ38号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」78話(2019年8月26日発売 週刊少年ジャンプ39号)のネタバレ

「アクタージュ」コミック 10巻

▶︎「アクタージュ」79話(2019年9月2日発売 週刊少年ジャンプ40号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」80話(2019年9月9日発売 週刊少年ジャンプ41号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」81話(2019年9月14日発売 週刊少年ジャンプ42号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」82話(2019年9月21日発売 週刊少年ジャンプ43号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」83話(2019年9月30日発売 週刊少年ジャンプ44号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」84話(2019年10月7日発売 週刊少年ジャンプ45号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」85話(2019年10月12日発売 週刊少年ジャンプ46号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」86話(2019年10月21日発売 週刊少年ジャンプ47号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」87話(2019年10月28日発売 週刊少年ジャンプ48号)のネタバレ

「アクタージュ」コミック 11巻

▶︎「アクタージュ」88話(2019年11月2日発売 週刊少年ジャンプ49号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」89話(2019年11月11日発売 週刊少年ジャンプ50号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」90話(2019年11月18日発売 週刊少年ジャンプ51号)のネタバレ

▶︎「アクタージュ」91話(2019年11月25日発売 週刊少年ジャンプ52号)のネタバレ

過去話の好きなエピソード・キャラクターなど

2019年8月13日 更新分

「アクタージュ」へのコメント(ネタバレ含む)1

30代女性
漫画「アクタージュ」の見どころは主人公の夜凪景そのものです。
彼女自身が物語のストーリーといっても過言ではなく、その成長ぶりに目が離せません。このように説明すれば少年漫画らしく落ちこぼれの主人公が様々な経験を通して強くなっていくベタな展開のように受け取れますが、夜凪景はその逆です。ルックスは良く、運動神経も良いうえに天才肌な彼女は幼少の頃に多くの映画を見た事でメゾット演技法という演技を無意識に身に着け、年頃の女の子どころか、周囲の人間を引き込む演技を冒頭から見せつけます。
しかしそんな彼女は役者オーディションで不合格を言い渡されるのでした。
その理由の大元は彼女の経験不足です。普通の女の事は言い難い夜凪景のスペックは確かに高いものの、それゆえに孤立し、人間味が薄いほどに感情表現や機敏な対応ができない欠点があります。そのせいでハプニングや暴走を引き起こすものの、同じく役者になるという夢を持つ仲間や自分と同じレベルの友人と出会って変化していき、主人公は不器用ながらも少しずつ前へと進んでいく様が天才でありながらも読者に共感を抱かせるところがポイントです。
そのため冒頭は「面白くない」と感じる人も多々いますが、少なくとも読んでいくうちに引き込まれる漫画であると断言できます。