漫画「アクタージュ」92話のネタバレと無料読み放題

アクタージュ

漫画「アクタージュ」92話のネタバレ

2019年12月2日(月)週刊少年ジャンプ1号 発売

92話のネタバレ

夜凪が演じる羅刹女は、白石演じる三蔵法師のことしか見ていない。

彼がくだらない甘言で惑わせようとしたこと、何より彼の説く境地に焦がれた自分が許せないと怒り、武光演じる猪八戒には一瞥にもくれずに戦っていた。

武光はデスアイランドの撮影中のことを思い出しながら、仲間だと思っていた夜凪にいつからか憧れていたことを心中で独白する。

そこで、夜凪が自分から遠ざかった訳ではなく、自分が夜凪から遠ざかったということを自覚するのだった。

武光たちが舞台からはけ、場面は夜凪の一人芝居へ。

その間に出番の準備をしなければならない中、武光は呆然と座っていた。このまま進めば、舞台にさして影響を与えないまま、武光の出番は滞りなく終わる。

「そのとき俺はもう2度と役者を名乗れない気がするんです」と言う武光。

白石は、自分たちは皆遅かれ早かれそういう日に出会うのだと、夜凪や王賀美のような役者に出会った時に求められるのは自分の立ち方なのだと説く。

さらに王賀美が、他の役者から勝手に距離を置かれる孤独を打ち明けた。

「だからな、いつまでも俺と共演を願ってくれる身の程知らずの凡人に、俺は救われているよ」と。

羅刹女の孤独と夜凪自身の孤独を重ねた武光は、自ら壁に頭をぶつける。

自前の血糊を使うと宣言した武光は、「俺がここにいるとただ夜凪に伝える」ための演技を決意し、再び舞台へと向かっていくのだった。

「アクタージュ」92話の感想(ネタバレ含む)

「アクタージュ」92話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
舞台「羅刹女」の中盤。怒りをエネルギーに迫真の演技を見せる夜凪と、全力でサポートしていく俳優陣。前号から引き続き武光の視点から物語について語られていました。夜凪の視界に己が入っておらず一瞥すらされないことに内心凹みながらも演技を続ける武光。出番が終わり舞台そでにはけたところで一人考え込んでいましたが、周りからの助言もあり考えを固めた武光はわざと壁に額を打ち付け、血糊を使わず生身の怪我で再び舞台に向かったのでした。このまま前をむいて歩いていければいいのですが。

「アクタージュ」92話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

40代女性
前回は、夜凪と対峙し、芝居を続ける中で違和感を感じ、夜凪に向けられた視線の先に自分の姿が無い事に気付いたという内容でした。今回は、そんな武光が夜凪から一瞥も向けられることなく、遠くに感じてしまった事で自らの役者としての不甲斐なさと力不足を感じ、その姿に共演者たち各々の言葉で立ち直るという内容になっていました。これまでの武光とは違う姿が新しく思えながら、人の弱さと強さの両方をさらけ出しているように思えました。今回の内容が武光中心だったため、次は市子に焦点を当てる内容になるのか楽しみです。

「アクタージュ」92話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代男性
夜凪景と芝居を共にしてきた烏山武光君が自分の芝居と景の芝居の差に気づきます。
自分の芝居の小ささに気付き悩んだ武光君を誰が鼓舞するんだろうと、すごくドキドキしながら読みました。
意外にも王賀美陸が出てきて自分の孤独を語り、一緒に芝居してくれる凡人を救いに思ってると言い今の羅刹女の気持ちを気づかせてくれるとは思いませんでした。
自分の芝居を思い出した武光君がこの後どんな芝居を見せるのかとても楽しみです。

「アクタージュ」92話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代女性
武光の苦悩を経て、夜凪はまた一人貴重な本当の理解者を得られることになりそうですね。自分を凡人であると受け入れるのはとてもつらいことだったでしょうが、悩みが晴れた武光が、これからどのように舞台上で夜凪と向き合うのか、非常に楽しみです。

「アクタージュ」92話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

40代男性
武光のセルフ壁ドンによる流血プレイにドン引きしつつも、何かを決意したような目ヂカラが少年マンガの主人公のようでカッコいいです。
ここにきて大賀美も心境の変化なのか、自分の体験談から武光たち普通の役者に対して感謝の弁と意外な胸の内を知りました。

「アクタージュ」92話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
共に経験を積んできたはずの夜凪との距離感を感じて演技ができなくなってしまった武光。白石や陸の助言で自分の取り柄を思い出して改めて舞台に挑むことになった。以前、感動同然だった父親が観に来るのだと言っていたが、次回はそこらへんの伏線が回収されるのではないだろうか。武光のがむしゃらな熱い性格がどのように形成されていったのか、過去の話などが語られる展開もあるかもしれない。今まで、夜凪と共演してきたサブキャラの中でも武光はとても好感が持てるような性格をしているので今回の再登場にもつながったように思う。同様に共演する初登場だった市子についても武光の話の後に詳しく語られるようになるのかもしれない。一つの舞台の夜凪チームの感情分析をずいぶんゆっくり展開させていくのだと思った。

漫画「アクタージュ」92話を無料で読む方法

「アクタージュ」92話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「アクタージュ」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「アクタージュ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「アクタージュ」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「アクタージュ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓