漫画「アクタージュ」90話のネタバレと無料読み放題

アクタージュ

漫画「アクタージュ」90話のネタバレ

2019年11月18日(月)週刊少年ジャンプ51号 発売

90話のネタバレ

ここまでは羅刹女と悟空の二人舞台だったが次のシーンから他のキャストが登場する。

二人の演技を目にして他のキャストを心配する観客たち。

しかし阿良也は二人以外のキャストを把握さえしていなかった。

舞台は演出の花子によって作られた木彫りの火焔山のオブジェで派手に飾られており、一層禍々しい芝居になると阿良也が予想する。

登場した夜凪の芝居は相変わらずの迫力だが、王賀美の芝居の影響でもはや夜凪を恐れる者はおらず観客たちは羅刹女を応援する視点で見ている。

まず登場したのは三蔵法師役の白石。

夜凪の怒りの芝居にも一切動じず、場を支配する。

白石は元々は善人役ばかりをする役者だったが、10年前に王賀美が日本を経ったあと思うところがあったのか事務所にかけあって役の幅を広げ、今はヒール俳優として活躍し、誰が聞いてもその言葉に正しさを感じさせる役者へと成長していた。

芝居は本人の生まれ持った性格や雰囲気がそのまま武器になる職業であるため、正しさを帯びた白石の言葉は自然と羅刹女を苦しめることに成功していた。

次に登場する武光は二人の舞台を見て、自分には才能も経験もないと心のなかでつぶやいていた。

しかし役者にはもっと大切なものがあるはず、今日は自分の日になるはずだと心に誓い舞台に出ていくのであった。

「アクタージュ」90話の感想(ネタバレ含む)

「アクタージュ」90話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
先陣を切った白石の芝居は、年長者で経験豊富だからこそのもののように感じ夜凪の迫力ある芝居に負けず劣らずという感じでした。恐怖から始まった芝居から、王賀美が出ることで期待感に変わり、第二幕の先陣を切った白石の安定感が、これから舞台に上がる武光と市子を迎える為の布石だったように思いました。そして、次回から武光と市子がどのような芝居をするのか波乱が待ち受けるのかそれとも想像以上の芝居をするのか、次回が楽しみです。

「アクタージュ」90話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代女性
今までモブキャラだと思っていた白石さんが、めちゃくちゃ凄い俳優さんだったとわかった。むしろ今まで全然出てこないからこそ、このインパクトになったのだろか。後の2人の活躍もあるので、まだまだ楽しい。毎週本当に演劇を見ているみたいに楽しみに読んでいる。

「アクタージュ」90話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

40代女性
今週ようやく舞台「羅刹女」に主演と助演以外の登場人物が舞台に上がる場面がやって来ました。坊主役の白石宗は地味な芝居ながら確かな存在感を発揮していてとても印象深かったです。これから舞台に上がる市子や武光が来週どのような演技を見せるのかがとても楽しみです。

「アクタージュ」90話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代女性
いかにも地味で穏やかそうな白石がヒール役として活躍していることは意外でしたが、失敗を恐れずにそういう形で役者としての開花を果たした彼に尊敬の念がこみ上げてきます。続く市子と武光もどういった役者魂を見せてくれるのか期待度大ですね!

「アクタージュ」90話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
王賀美が渡米したあと、事務所と争ってまで役者としての路線変更を果たしたという白石。
彼が自分の持ち味を生かしながらも殻を破ったエピソードが語られ、千世子も何か思うところがある様子です。
今のイメージのままでは限界があると悟り、同じく役者として殻を破りたい千世子にとっては重ねるところがあるのでしょう。
この先千世子が目指すところは白石のような大胆な路線変更である、という覚悟を決めているのかもしれません。
この羅刹女の芝居で千世子が、誰もが予想もしなかった変貌を遂げるような可能性を感じ、ドキドキさせられます…!
それこそ善人役が任侠ものの悪役へと激変したように、「天使」のイメージをかなぐり捨てたとんでもない姿を見せてくれることが予想されます。

漫画「アクタージュ」90話を無料で読む方法

「アクタージュ」90話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「アクタージュ」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「アクタージュ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「アクタージュ」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「アクタージュ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓