漫画「アクタージュ」89話のネタバレと無料読み放題

アクタージュ

漫画「アクタージュ」89話のネタバレ

2019年11月11日(月)週刊少年ジャンプ50号 発売

89話のネタバレ

自分の役者スタイルを変えることなく孫悟空を演じきった大賀美は、助演も悪くないと舞台の袖に消えてく。

こうして、それまで悪役だった羅刹女に観客の同情が集め主人公に昇華させたところで第一幕が終了となった。

悲しみと怒りを表現しきった夜凪の強い表現力と精神力の評価は高いものの、果たしてそれが最後まで持つかの疑問の声があがる。

舞台裏では二幕に向けた準備が行われている。

演出家の花は夜凪に近くづこうとするが、今は刺激をするべきではないと大賀美に止められる。

それでも構わず夜凪に話しかける花。

「怒りはまだ風化していませんか」

その言葉を聞いて夜凪の内面に抑えたいた感情、昔の自分が顔を出してきたのだ。

かつて、自分の父親と不倫をして母を悲しませた相手に対してなぜ我慢するのかと、問いてくるのだ。

それに対して今の自分は役者だから激情に身を任せるべきではないとあくまで自重する夜凪。

母の感じた感情「腹が立つ、腹が立つ」という言葉が思い出されるが、それでも自分は役者だと踏みとどまる夜凪は、花の胸ぐらをつかんでは最後まで演じ続けるから引っ込んでいてと宣言する。

残された共演者たちは夜凪のタフさに感心しつつ、第二幕ではそれに報いることを誓うのであった。

「アクタージュ」89話の感想(ネタバレ含む)

「アクタージュ」89話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
助演のよさをかみしめて去って行く王賀美がとてもかっこよく見えました。
そして、役に飲まれないために自分をコントロールし、生きてきた中で最も激しい怒りすら抑える夜凪の精神力はすさまじいですね。
羅刹女を他の追随を許さない演技でやり切る以外にも、なんとか花子に一矢報いてもらいたいものです。

「アクタージュ」89話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
第一幕が終わって夜凪の内面描写が出てきたが、思った以上に彼女は成長していて、怒りにをコントロールしていることには感心した。それでも気になるのは残りの芝居よりも、芝居終了後に夜凪のメンタルがどうなってしまうのかがすごく気になる。

「アクタージュ」89話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

40代男性
“¥女優としての自覚を感じた夜凪のお話でした。
本来ならば母親を泣かせた花を殴ってもおかしくない場面でしたが、胸ぐらを掴むところで我慢するあたり成長したのでしょう。
また大賀美も夜凪の心情を汲んでか助演も悪くないと、こちらも成長が伺わせました。

「アクタージュ」89話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
王賀美は映画などの経験が多く、生ものの舞台の経験がない中、瞬時にその場で演じながら自分や舞台に向き合ってきています。景は舞台経験は銀河鉄道の夜しかないにしても基本的に経験はあまり関係なく、演じると言うよりも、なりきるに近い形で演じているからお客がどういう感情を持って見ているのを気にしていないように思います。しかし、王賀美はお客の様子も考えながら舞台を進めているので様々な負担も背負ってきているのではないかと思います。また、今はこの二人がメインのシーンが多く二人で自由にやっていますが、他の役者達が入ってくると舞台全体のバランスが傾いてしまわないかと思います。基本的には稽古を積んできてその流れを発揮するのに、本番で景と王賀美が暴走していることにより他の役者陣が稽古通りに話を進むことが出来るのか。他の役者達の力も試されてくる内容になってきたなと思います。

漫画「アクタージュ」89話を無料で読む方法

「アクタージュ」89話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「アクタージュ」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「アクタージュ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「アクタージュ」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「アクタージュ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓