漫画「アクタージュ」81話のネタバレと無料読み放題

アクタージュ

漫画「アクタージュ」81話のネタバレ

2019年9月14日(土)週刊少年ジャンプ42号 発売予定

81話のネタバレ

本番まで7日を切り、稽古は佳境を迎えていた。夜凪の芝居はあの日を境に一変し、王賀美は歓喜していた。それとともにあまりに激しい芝居に共演する他の俳優の中には戸惑い見せるものもいた。

ある日、夜凪が黒山の事務所を訪れ、昔のように振る舞っている。

黒山と別のチームで仕事をすることになってから距離をとっていたが、敵には慣れた方が良いと気持ちを改め訪ねてきたのだった。千世子を超えるため、もっともっとと夜凪は日々、怒りを研ぎ澄ませていた。

武光は喫茶店で源真咲と湯島茜に会い、舞台のチケットを渡し招待していた。

しかし二人の顔は冴えない。

武光が舞台に選ばれ、夜凪と共演していることに二人とも嫉妬しているのだった。

調子に乗るなと言われるが、自分は色んなものを犠牲にしてきているのでそれだけはないと言い放つ。

勘当された親父でも見に来るのかと真咲が冗談のつもりで言うと、その通りだと武光は返すのだった。

稽古の時間になり武光が外に出ると、夜凪が待っていた。

二人に会わなくて良かったのかと武光が尋ねると、今は羅刹女の気持ちから遠のくのが嫌だから、と答えるのだった。

稽古場で白石と朝野が喋っている。

共演する夜凪の芝居と見比べられることに朝野は驚異を感じていたが、それを糧にして成長するつもりであり彼女には感謝していると話す。

白石もまた王賀美と同じ舞台に立ち、十年前の償いが出来る場を用意してくれた夜凪に感謝していた。

その話を偶然聞いていた王賀美は、白石の償いという言葉に心を乱される。

その場を離れようとしそうになるが、まるで自分が逃げているようだと改めて戻ろうとすると演出の花子がやってきてみんなを集める。

夜凪以外のキャスト全員に話があるという。

父親への忌まわしい記憶を武器に戦う夜凪に、限界を超えるために仕掛けを用意していると語る花子。

その仕掛けを実行した時、夜凪の精神状態がどうなるかわからないため、そうなった時に周りのみんなに支えて欲しいと告げる。

周りのみんなこそがこの舞台の成功の鍵だと語るのだった。

「アクタージュ」81話の感想(ネタバレ含む)

「アクタージュ」81話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

40代女性
主人公の夜凪景が今回相手方の演出を手掛けている黒山のところに尋ねて行ったことには驚きました。もちろん景自身に何か考えがあってのことだと思うのですが、表情が冷ややかなのも何か今後の展開に関係しているのだろうと思いました。最後に演出家の花子さんがキャストみんなで景に対して舞台上で何か仕掛けをするように計画を立てているようですが、それがどのようなものになるのかすごく気になりました。

「アクタージュ」81話の考察(ネタバレ含む)

40代男性
今回は同じ出演者に覚悟を花子が問う展開でした。
前回花子が色仕掛けをしてまで俺様俳優の大賀美に、弱い役を演じてほしいと懇願して、次回の稽古を楽しみにしろと大賀美は自信有り気に答えていました。
しかし、今週の話では夜凪の演技を嬉しそうな相手をする描写に留まり、具体的にどう大賀美の演技が変わったのか語られず仕舞いです。
結論から言えば、前回と今回の話の順番は逆の方が良かったと思います。
花子が共演者に話をして、さらに次の週で大賀美にお願いをした方がストーリーとしてスムーズになった気がします。
一方、夜凪は明らかに演技の表情が変わり、それは日常でも笑顔も刺すようなイメージになるのが絵からも分かります。
ライバルである黒山たちの前に姿を見せても余裕すら感じられました。

漫画「アクタージュ」81話を無料で読む方法

「アクタージュ」81話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「アクタージュ」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「アクタージュ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「アクタージュ」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「アクタージュ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓