漫画「アクタージュ」75話のネタバレと無料読み放題

漫画「アクタージュ」75話のネタバレ

2019年7月29日発売 週刊少年ジャンプ35号掲載 75話

アクタージュ  scene 75.

夜凪の芝居を認めた王賀美陸。あらためて自己紹介をする陸であった。

じつはこんな風に丁寧にあいさつすること自体、陸にとってはすごくめずらしいことであったのだった。

もうすっかり景とは打ち解けている陸。景のことを触覚ガールとかいってからかって遊んでいた。

陸は世界に夜凪景がいることを知らしめなければならないと豪語しはじめた。

そこにまた一風変わった雰囲気の女性、山野上花子がやってきた。

山野上花子は一風変わった風貌と同じように、実際に突飛なこともするようだ。

巨大な砂漠が書かれているボードをみんなにみせる花子。

そこにみんなそれぞれ自分の絵を書いてみせてくれと。

なんか明らかに心理テストみたいでいやだなあ、とおもった矢先に、率先して陸が自分の絵をボードに書き始めた。

じつは、陸は花子のことを思って率先してやってみせたのである。さすが、役者の鑑である。

で、次は白石宗だ。白石さんはすぐに絵を書かずに、画家みたいに筆とキャンパスで距離を測っている。どうやら分析派らしい。。。

そのあともメンバーはオアシスや森の木を自由に書いてみせる。花子はなにかを確信していた。

しかし、花子は自分の炎の絵でみんなの絵を塗りつぶした。

この人やばいとみんなが思う中、フォローする景。

そのころ百城は景への打開策を練っていた。。。

「アクタージュ」75話の感想

「アクタージュ」75話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「アクタージュ」75話を無料で読む方法

「アクタージュ」75話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「アクタージュ」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「アクタージュ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「アクタージュ」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!